「一家の大黒柱」は過去のこと

共働き、世間的にも一般的になってきたのではないでしょうか。

奥さんは家庭に入って家事・子育てをして、
旦那は仕事をして稼ぐ。

それが成り立つ世の中ならいいですが、
とにかく現代は厳しい。

旦那の月給がよほど良くない限り、
贅沢もしていないのに生きていくので精一杯。

貯金?何だそれ?の世界が待っています。

ただ単に今を生きるだけならそれでも良いですが、
先々の事を考えると、やっぱりお金が必要です。

共働き率が増加しているのです。

夫が仕事、妻は家のことだけ、と完全に分業できていない共働きなら、
夫の家事参戦は当然だと思います。

今日はここまで。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!