ご褒美にミニカーを買った

夫です。

先日家族で洋服を買いに行きました。
衣替えの季節ですからね。
サイズが合わなくなってきた子供服や、
自分達の服の入替が目的です。

でも、子供にはそんなの知ったことではありません。

色んなお店に入ってみても服ばかり。
子供からしたら退屈なのでしょうね。
最初は頑張って店の中で楽しもうとしていて、
走っていったり、
服の中に隠れてみたり。
何かしら企んでいました。

最初は私たちも仕方ないと思って付き合っていましたが、
段々と腹立たしくなってもきました。
やはり迷惑行為に対しては怒らないといけませんし、
他のお客さんにも迷惑ですから。

怒るとやはりしょんぼりします。
怒っておいてなんですが、
やはりちょっと可哀そうになってきました。
別に来たくて来ているわけではないですからね。
おもちゃがあるわけでもないですし。

「これは完全に親の都合だなぁ」と思うと、
子供ながら頑張って付き合ってくれているんだから、
ちょっとは喜ぶことを考えてあげたいと思いました。

かといって、お菓子を買うのは嫌なのです。
市販のお菓子の砂糖の量が気に入りません。

ということで、おもちゃ購入を選択。
前々から買いたいとアピールされていましたから、
頑張って「親の買い物」という退屈な時間に耐えたご褒美として、
良いチョイスかなと。

しかも直ぐ買わないところが意地悪なところですね。

正確には時間的に買いに行けなかったのですが、
「来週末の約束」ということで合意。

興味深いことに、
この約束は数日間子供を楽しい気分にさせていました。
「来週末が楽しみ」そんな感じです。
待ち遠しいと思う気持ち、凄く良い感情だと思います。
ちなみに、購入予定のおもちゃとは「トミカ」。
「300円~500円」のおもちゃでこの効果。

そしてやっと約束の日が来ました。
売り場で悩んでいる姿がとっても愛らしかったですよ。
我ながら良い約束をしたものだと思いました。

そして見つけた車がまた面白いのです。
その昔「欲しい」と言っていたけれど、
売り場から消えて(在庫一掃)となっていた車でした。
1台だけあったその車を興奮気味に手に取ると、
マジマジと「欲しかった車」かどうかを確認。
同一品であると確信すると、
今回購入の1台が決まりました。

これを見て、
わが子は結構こだわりの強い子なんだな、と感じました。
こだわり、しつこさ、粘り強さ、
これからの人生で何かを成し遂げようと思ったとき、
必ず必要な資質だと思いますので、
どう生かすか、楽しみがまた一つ増えました。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!