マツダ アテンザのデザインが凄い

夫です。

私は車が好きです。
でも所有はしていなくて、
もっぱら観賞するだけ。

欲しいと思う時もあるのですが、
買うとなると1台に絞らないといけません。

そうなると、カッコイイと思う車が色々あって選べません。
ただカッコイイという理由では選べませんし、
当然家族も乗ります。

価格、家庭環境、利用目的・・・
現実的に考えると、私のカッコイイ路線の車が消えていきます。

そんなのは嫌なのです。
幸い日常生活で車が要らないですから無理はしません。

そう考えていると、
色んな車を雑誌やWEB上で眺めている程度で満足なのです。
好き勝手言えますからね。
想像の世界は自由です。

そんな私の心を乱すヤツがいます。
それがマツダのアテンザ。
アテンザ(マツダ)
(マツダのHPから引用)
新車の登場からは結構な年数が経過しています。
既にマイナーチェンジすら終えていますからね。

登場の時もグッときてはいたのですが、
今更ながら、マツダのHPへ行っては眺めています。

セダンなのに、本当に綺麗なデザインしていますよね。

私は「車はクーペ派」なのですが、
この車は許します。
斜め前からの流れるような造形ラインは素晴らしすぎます。

張り出し感や絞り感。
ただ流れるようなデザインだけではなくて、
活発的な躍動感が感じられます。

マツダは時々凄いデザイン出してきますよね。
RX-7(FD)が出た時も感動しましたが、
今回のアテンザはそれに近いものがありますね。
セダンなのに。(クーペ派としては悔しい)

私にはちょっと高額だし、ちょっとサイズが大きい気がしますが、
本当に気になる1台です。

こういう綺麗な車が国産車にあるというのは、
日本の誇りだと思います。

ヨーロッパの強豪達に負けないでほしいですね。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!