保育園ママに励まされました

妻です。

保育園の年長クラスの秋ともなると、
保育園ママ同士の会話は
「学童に入れる?」
「小学校入ったらどうする?」
というのが多くなってきました。

先日、こにぎりんと同じクラスの保育園ママ(Sさん)に
「小学校に入ったら学童にしますか?」
と聞かれました。

その際に、学童も考えているけど、
退職も考えていることを話しました。

すると、
「もったいない!!」
「ぜひ、続けてほしい。」
「1年半がんばれば乗り切れるよ。」
と言われました。
(Sさんとは、以前、お互いの職業について話したことがあります。)

Sさんには、小学生の子どもさんもいて、
こにぎりんと同じ保育園の年長の子どももいます。

小学生と保育園の子どもがいながら
共働きを続けるために
毎日をどうやって乗り切っているかを話してくれました。

・学校内学童⇒ 1人で習い事へ⇒ 習い事の教室へ仕事帰りにお迎えへ

・1年半頑張れば、状況がだいぶ変わる。
⇒ 2年生が終わるころには子どもが自分で鍵の開け閉めをしたい、と言い出す。

・2年生になると、6時間目が始まる。
⇒ 授業後にそのまま自宅へ帰宅しても、
母の帰宅時間とあまり変わらないので、ほとんど一人で過ごさなくても良い。

⇒ 6時間目の日は学年が上がるとさらに増える。

彼女が話をしてくれたことで、
もう少し頑張ってみようかなと思えました。

保育園ママというのは、
同じ保育園に通う子どもを持ちつつ
働くお母さんという共通点があり、
ある意味、同士ですね。

保育園ママは、働いている人がほとんどなので、
送迎時にゆったりと話し込む時間はあまりありません。

そのため、ウェットな付き合いになることがなく、
程よい距離感を保つことができます。

そして、お互いに同じ保育園に通う子どもがいるので、
共通の話題はたくさんあります。

悩みも重複することがあります。

他の保育園ママががんばっていたり、
何とか乗り切っているところを見ると、
自分も、頑張ろうと思えてきます。

私もやっとここまできました。
育児休暇後に復職して5年になります。
何とか年長さんが終わるまでは働くことができそうです。

小学校入学後もこんな感じで働き続けているのかな。
子どもの精神状態に不安を感じればいつでも辞める、
そういう覚悟をしながら働こうかな。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!