共働きの保育園の卒園式から小学校1年生の入学式まで2

妻です。
前回の共働きの保育園の卒園式から小学校1年生の入学式までの続きです。

最初にぶち当たる小1の壁
「4月1日から入学式までの間、核家族の共働き夫婦の子どもはどう過ごせばいいのか・・・。」
企業では、通常4/1は、新しい会計年度の初日なので、
異動や配置換えがあったり、あいさつ周りがあったりします。

4/1は、休みにくい雰囲気です。
(そうはいっても休まないといけなければ休むだけですが)

まず現時点で集めた情報をまとめます。
この地域でこにぎりんが通える学童は以下の選択肢があります。

◆学校内学童・・・4/1から通っても良い(3月中はだめ)。
◆民間の学童・・・保育園の卒園式の後~いつでも通って良い。

民間の学童は、人数制限がありますので、入所できるかは現時点で不明です。
入所決定が2月ごろになるようです。

一方、学校内の学童が、今のところ人数制限なしなので、確実に入れます。

ということで、

4/1から入学式までの間(8日前後)
子どもが過ごせる場所が見つかりました。

どちらの場所が子どもが楽しいと思える場所なのかは
わかりませんが・・・。

同級生だけでなく、上級生・指導員・指導方針など
色々な要素がありますので、
現時点でどちらに決めるかを判断するのは難しそうです。

ただ少なくとも民間学童の場合は、学校外にあるので、
1人で歩いていかなければなりません。

一方、学校内学童の場合は、学校内にあるので、
学校の外に出る必要はありません。

民間学童と学校内学童の比較をして
以下のようにまとめてみました。
民間学童と学校内学童の比較
夫とも相談しますが、
夫も私も、小学生低学年児は、特に外遊び環境を重視しています。
私は、民間学童のおやつの「市販のスナック菓子」が気になります。

毎日スナック菓子だなんて・・・。
今までのおやつは、物か手作りか、添加物の少ないものを厳選して選んできました。
食育は大切だと考えているからです。

そのため、今のところ学校内学童にする可能性が高いです。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!