共働き夫婦の働き方について思うこと

夫です。

最近、仕事が忙しくなってきました。
今までも仕事量の増減の波はありましたが、
最近は増えてばかりです。

なんとか対応しようと努力していますが、
最近はだんだんと帰宅時間が遅くなってきました。
妻が私の仕事を応援してくれているので、
それも良いモチベーションになっています。

共働き生活を継続していく過程で、
自分の中では将来の昇格をあきらめるというか、
役職は据え置きでも転勤しない働き方を求めていたと思います。
なるべく白羽の矢が立たないように、
目立たないようにというか。

早く帰ることで成果が落ちるとこれまた目立ちますので、
そんなことの無いように、
以前よりも短く終わらせて成果は維持できるよう、
その部分は大変な努力をしたと思います。

でも最近は妻からの応援もあり、
ちょっとづつですが仕事へのウェイトが増している感じです。

実は小学校に入学する時に共働きを諦めるかもしれないからです。
今からの時代に逆行するのかもしれませんが、
子育ての全てを他人に任せるっていうのは、
本当に親としての責任を果たしていると言えるのかが疑問なのです。

家庭内で親が子供に教えることは、
お金を稼ぐことだけではないと思うのです。
自分達の価値観を伝えてあげたいし、
自分達が苦労して得た知識・知恵・経験を伝えるのは、
やはり親の大切な責務だと思うのです。
他人の価値観で育ってほしくないものです。

そのように考えると、
妻が会社を辞めようとしている気持ちも良くわかります。
今の我々には子供と関わる時間が不足していますから。

共働きには「できる時期」「しない方が良い時期」があるのだと思います。

妻と話をしてそんな風に思う今、
どのような選択をしても後悔のないようにしてあげたいですね。

ということで、会社での立ち位置をちょっと変えていく努力をしようと思います。
自分の意見を通せるような存在になれば良いのですよ、きっと。
さり気なく周囲を凌駕しておけばいいのです。
「威張らないけど、できるヤツ」ってやつです。

必要なスキルを考えて、身につける必要がありますね。
頑張ろうと思います。
今からでも遅すぎることなんてないですから。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!