共働き50代女性管理職から受けたアドバイス

先日、入社した頃にお世話になった社内の女性の先輩Nさんと
同じ敷地内で偶然会いました。

彼女(Nさん)は、フルタイム共働きを途切れさせたことがない
高校生の子持ち管理職50代の方です。

先日、自分の母に言われました。

全く境遇の違う人とは考え方が違っていて当たり前。
一番参考になるのは、私と同じ境遇の人の少し先を生きている人の話だけど、
そういう人は近くにいないの?と。

真っ先に浮かんだのがNさんでした。

Nさんは、ご両親と同居しているので
その点が私と大きく異なりますが・・・。

それ以外は、共通点が多いです。
理系+大学院卒+フルタイム共働き+子持ち+同じ組織内

Nさんの経験談を聞きたくても、
管理職で仕事が非常にお忙しいでしょうし、
共働きフルタイムで、職場からも遠いところへお住まいなので、
気楽に話を聞いてみよう、という気にはなれませんでした。

たまたまこのタイミングで、
数か月ぶりに偶然ばったりだったので、
思い切って退職を考えていることを話しました。

子どもが小学校へ入学すると、Nさんの周りでは
悩んで退職・パートへの転職を選択した人が大勢いるとのことでした。

特に鍵問題が大きいとも。
今から鍵の開閉練習をさせておくことを提案いただきました。

緊急時に子どもが学校から帰宅させられて
鍵を持たせていなかったので、自宅に入れず(両親は当然仕事中)
近所の人の家にいたことが何度かあったそうです。

また、ちょっと信じられないことですが、
子どもが鍵を掛けずに外出していたことも・・・。

Nさんのご友人のお子さんも鍵を鍵穴に差し込んだまま外出したり・・・(親が帰宅時に玄関で気づいたらしいです)。

鍵問題は、小学校低学年~中学年で多いようです(驚)。

もし、そんなことになったら、
防犯上カギそのものを交換しないといけませんが、10万くらいかかります。

早速練習しなければと思い、
本日やらせてみました。

まずは、「先に子ども1人で行かせて(鍵を持たせる)、
カギを開けて、部屋に入って、カギをしめて部屋で1人で待機する。」
これをやらしてみたところ、上手にできていました。

保育園からの帰宅時に、「鍵を開けて部屋で待機する」練習をしようと思います。
登園時にも鍵をかけさせる練習をしたいと思います。
また、休日はインターホンがなっても出ないことの練習もさせようと思います。

あれれ。Nさんと話してから仕事を続けられる気がしてきていますね、私。
やれるとこまで踏ん張ってみようか、という気持ちに今は少しなってきています。

Nさんから聞いた体験談は、今の私にとってとても参考にになりました。
長くなったので、続きは次回にしようと思います。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!