収納を増やさない

前回に引き続き実家ネタ。
実家に帰ってまず思うこと、
「なんかまたモノが増えたなぁ・・・」

気がつくとやはりモノが増えている。
一体何が増えたのか。
良く見ると見知らぬ家具が増えている。
増えたものを片づけるために、
新たに家具を増やしているんですよ。

新たに収納できる場所が増えると、
新たな家具を埋めるようにモノが増えます。
そこに「捨てる・減らす」という概念はありません。

収納家具を全く買うなとは言いませんが、
本当に必要なモノっていうのは実はそんなに多くありません。
「いつか使うかも」って思って捨てないでいるのでしょうが、
この「いつか」は収納したその時から来ることはありません。
必要な時にどこに片づけたか忘れているからです。

「とりあえず持っておこう」程度のモノを持っておくために、
新たな収納を増やさないことです。
「使えるモノを捨てるのがもったいない」
そんな気持ちはわからなくもないですが、
年に1回あるかどうかも怪しいモノをとっておくために、
狭い家のスペースと費用を費やす方がよっぽどもったいない。
モノに執着しなくなると、そんな風に思えるものです。

必要なモノだけに囲まれるというのは気持ちが良いですよ。
ちなみに私は、奥さんに言われ続けて気がつきました。
ちょっとした考え方の変化ですが、
生活が激変すること間違いありませんよ。
是非ご参考に。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!