子どもを叱らない親・怒らない親

妻です。
ここ数年のはやりでしょうか。

怒らない・叱らないなどをタイトルに含む
育児関係の本をよく見かけるようになりました。

怒ることに罪悪感を持つ親が多いということでしょうか。

親である前に1人の人間なのですから、
子供が、人として嫌なことをしていたり、悪いことをすれば、
親は本気で怒ればいいと考えています。

むしろ、きちんと怒るべきだとも考えています。

子どもは、色々な状況で怒られることで
人がどういうときに怒るのかを学習して成長していくのだと思います。

私は、そんなにできた人間ではないので、
子どもに対して怒らず、ずっとニコニコしているなんて
そもそもできませんし、
大人でも、現実にそんな人がいれば気持ちの良いものではありません。

どんな話をしても、いつも微笑んでいる人もときにいますが、
他人と線を引いてつきあいたいのかな、
心の開き方を知らないのかな、
媚びているのかな(人に嫌われたくないのかな)
などと、思ってしまいます。

私は、「怒るのは悪いことだ」
という価値観を子どもに植えつけたくはありません。

保育園のお母さんの中には、
子どもが明らかに悪いことしても
(例えば、別の子どもにいきなり砂を投げつけるなど)
自分の子を全く叱らない人・怒らない人がいます。

ニコニコして見ているだけ。
せいぜい「Aちゃ~ん、だめよ~」などというだけ。

その怒らないニコニコお母さんの子ども(Aちゃん)は、
悪いことや危ないことをしてもお母さんには指摘されないためか、
他の子どもを突き飛ばしたり、意地悪しているところをよく見かけます。

ニコニコお母さんの子どもさんとは遊ばせたくない
というのが本音です。

私が、Aちゃんを、そのお母さんの前で叱るのも
行き過ぎている気がしますし、
後々のトラブルは避けたいので、
やんわりと「こにぎり~ん、早く帰って~~しよう!」
と遊ばない方向にもっていくようにすることにとどめています。

ニコニコお母さんでいるのは個人の勝手ですが、
他の子どもに悪いことをした自分の子どもを叱らないことで、
他の子どもを不安にさせ、その親も嫌な気持ちにさせていることを
認識していただきたいと思います。

私が安心して自分の子どもを遊ばせてあげられると思う
お子さんのお母さんは、
自分の子どもが悪いことをしたら、
即座に自分の子どもを叱ってくれる人です。

子供がそれほど悪いことをしていないのに、
過度に子どもを怒る必要はないと思います。

しかし、子供が道徳的に悪いことをしても
叱る対応ができない親とその子どもさんには
関わりたくない、と思っていますし、
実際にできるだけそうしています。

悪いことをしても、他人に迷惑をかけても
親にほとんど怒られることなく幼児期を成長した子供は、
どのように成長するのか、他人事ながら気になります。

怒ると叱るは違う、とも言われますが、
どちらも似たようなものだと思います。

感情抜きで冷静に⇒叱る
感情的にどなる⇒怒る
とも言えませんし、静かに怒る人もいるでしょうし、
感情に訴えながら叱る人もいるでしょうし・・・。

実社会で人が腹を立てたり、迷惑だと思うようなことを
しない子どもに育てる自信があるなら、
怒らなくても(叱らなくても)良いと思います。

子どもに冷静に理路整然と伝えるだけで
生まれてから一度も親が一切の怒りの感情を出すことなく育てたら、
子どもが人から信頼されるような道徳心をもった人間に
成長することができた例が
本当にあるのなら、知りたいものです。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!