子供と対戦する楽しみ(動物将棋)

夫です。

今日は子供と一緒に遊ぶことについて。

こにぎりんとは良く遊びます。
平日はあんまり時間がありませんので、 絵本の読み聞かせで終わってしまうことが多いですが、 週末は可能な限り、 こにぎりんのやりたいと思うことに付き合っています。

外で遊ぶことが多いですが、 雨の週末や、 晴れていても外から帰った後など、 家の中で過ごす時に最近多い過ごし方は、 スゴロクやテーブルゲーム。 その中でも遊ぶ回数が多いゲームは これです。

妻がどこからか情報を仕入れてきて、 なんだか楽しそうということで購入しました。

将棋というと何だか凄そうですが、 この動物将棋、駒は各々4個づつしかありません。
駒には可愛らしい動物の絵が描いてあります。 (ライオン・ゾウ・キリン・ヒヨコ→ニワトリ) マス目も12マスしかない、 凄くシンプルなものです。

最初はどうするかわからないこにぎりんを相手に、 教えながらやっていたのですが、 子供の吸収力というのはさすがです。
駒の動かし方を理解し、 自分で考えて打つようになりました。
勝負する度に成長を感じます。

打ち始めの頃はただ動かしたい駒を動かしただけでした。
それが最近では、 何を考えてそこに動かしたのか、 次にどうしたいのかが伝わるようになりました。

大きな進歩です。

駒もマス目も少ない分、 勝ち方のバリエーションも多くはありません。

まだまだ負ける気はしませんが、 勝ち方を理解する頃、 いつか本気でやっても勝てなくなる日がくるのでしょうね。
そんな日が楽しみです。

勝負に負けるのは嫌いですが、 負かされる日が楽しみなんて、 複雑な心境ですね。

子育てって改めて面白いなと思います。

error: Content is protected !!