子供と遊ぶ時間をつくるためにできること

夫です。
今日は日々の時間捻出について。

私は子供と遊んでいる時間が好きです。
ここ数年はなるべく早く帰るようにしていますので、
帰宅して、
一緒にご飯を食べ、
食器を洗い、
お風呂に入ったら、
寝るまでの少しだけ遊ぶ時間ができます。

時間にして30分~1時間程度。
この時間だけは、
こにぎりんのしたいと思う遊びに付き合うようにしています。

この部分の時間の捻出には色々と実践していることがあります。

まず一つは食事の準備時間を減らすこと。
夕食は妻が用意してくれますが、
下準備は私が朝に大体やっておきます。
下準備と言っても切っておくこと程度なのですが。

でも、例えば夜炒め物だったりすると、
調理開始でいきなり炒めることができるわけです。
トータルの準備時間は同じかもしれませんが、
家に帰ってからの準備時間が減っているため、
妻もありがたがってくれるので、やる気も出ます。

二つ目は食事に凝らないこと。
献立は私が一週間分考えて食材を購入するので、
妻も当日まで食事の内容がわかりません。
男の考える食事です。
そもそも凝った料理が浮かばないということもありますが、
作りだしたらパッとできる料理を理想としています。
だから平日はスピードメニューで構成しています。
今のところ家族から不平・不満が出ていないので、
まだしばらくは継続しようと思います。

三つ目は洗い物の時間を短くすること。
最近では食洗機を利用されている家庭もあると思いますが、
おにぎりん家には存在していないので、
ハンドパワーです。
この洗い物を早く片付けるためにやっているのが、
洗剤を使わないことです。
スポンジの変わりに廃棄する予定の衣服を切り、
布として使用しています。

すると、特に洗剤・スポンジなんかなくてもちゃんと洗えていると思います。
何回もすすぐ必要もないので洗い物も早く片付いていると思います。
まぁ、実際に時間を比べていませんから本当のところはわかりませんが、
少なくとも私は「洗い物早くなったなぁ」と実感した記憶があるので、
きっと早くなっているのでしょう。

一日の内でやらなくてなならない家事の時間をちょっとだけ短縮して、
何とかこにぎりんと遊んでいます。
本人としては遊び足りないようで、
終わりを告げると文句を言いますが、
でもある程度の満足感は持ってくれているようです。

もっと遊びに付き合えたらいいなぁ、と思うと同時に、
現実的な時間のやり繰りの難しさを実感しています。
もうちょっとどこかを省けないものか。。。。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!