寝かしつけについて考える。

夫です。
今日は子供の寝かしつけについて。

我が家では8時30分にこにぎりんを寝かすようにしています。
正確には、寝かせる努力をしています。
やはり子供には睡眠が大切だと考えているからです。
寝ている時にこそ、体が成長し、傷の修復も行われているからです。
だから、寝かしつけは頑張っています。

でも目標通りにはなかなかいきません。
そんな時、ふと気がついたことがあります。
目標時間に寝るかどうかは、
私の帰宅する時間に影響しているということに。

早く帰った日は、食事もその後の家事も早々に終わるため、
少し一緒に遊んでも目標に近い時間に寝かせられます。
でも帰宅が1時間ずれるともう難しくなります。

私がいなくても妻が頑張ってくれるので、
基本的な部分での生活リズムは守られているのですが、
私がいつもより遅く帰宅すると、
私担当分の家事をやっている時間だけ、
寝る時間が後ろにずれていくのです。
私が家事をしていると、後で一緒に遊んでくれると思っているらしく、
ハイテンションで待っているのです。

少し前に、妻の友人の子について聞いた話では、
「時間になったら一人で勝手に寝るよ」
こう聞いていました。

一方で我が家のこにぎりんですが、
全然一人では寝てくれません。
子供の性格にもよるのでしょうね。
一人で寝室に放り込んだこともありましたが、
暫くは起きているようなのです。

そこで、家事の順番をいつもと変えたり、
先にこにぎりんと少し遊んでから家事をしたりで、
妻と協力しながら何とかキープしています。

一番確実なのは、私が遅く帰らないことなので、
私はそこに注力しようと思います。
そっちはそっちで少し難しいのですが、
こにぎりんのリズムが確立するまでの間は、
頑張る価値があると思っています。

早く帰って早く寝る。
最近は寝かしつけると同時に一緒に寝ることが増えました。
その分早く目が覚めるわけで。
なるべく自分の時間を朝とるようにした方が、
何かとスムーズに過ごせるように思います。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!