小学校入学前に共働き継続を後悔しないか考えよう

妻です。

先ほど、未来の働き方を考えようを読んでいたところ、
「自分はこれからの人生を、どう過ごしていきたいのか、どんな人生をおくりたいのか」
しっかりと考え詰めましょう。
私が自分をとてもラッキーだと思うのは、
能力や環境に恵まれたという点ではありません。
30代半ばのタイミングで、やりたいこと、やりたくないことが、
ほぼ迷いなく明確にわかったこと
が、なによりラッキーだったと思うのです。」
というくだりがありました。

私もそうだな~と思いました。

今心からやりたいこと、それは
自分が信じる方法で、しっかりと子どもを育てて
子どもが楽しく幸せに生きていく基本を作る
、ということです。

子どもが生まれるまでは、
子育てしながら共働きをすることを当たり前のように考えていました。
都会なら核家族でも何とか夫婦で乗り切れるとも。

子どもをしっかり育てることはもちろん、
自分の仕事人生を充実させていきたいとも思っていました。

でも、実際に子どもを産むと気持ちが変わっていきました。
子どもの子育てに関われる貴重な時期に
「自分の仕事なんかしている場合じゃない」という気持ちへ変わったのです。

このままフルタイム専門職を続けることよりも
子育ての方が、極めて重要な仕事だと感じています。

未来を担う子ども(しかも自分の子ども)を育てることができるなんて
最高の贅沢です。
望んでも誰でもできるわけではありません。

恋愛→ 結婚→ 妊娠→ 出産→ 母子ともに無事
ということを乗り越えるだけでも大変なことですが、
さらに、
子育てに対する使命感・経済力・精神力・能力なども必要です。

どちらかを選べる立場なら、専業で子育てしたいです。

自分の仕事は間接的には子どもの成長にメリットはあると思います。
また、今の仕事は、自分が望んだ職業で、
その中でもやりたい仕事もさせてもらっていて、良い職場です。

そのため、これまではワーキングマザーを続けることの
メリットを色々な角度から考えてきました。
子育てと仕事の継続を両立するメリットについて考えてみた

しかし、これからは、
自分の時間をできるだけ費やして
今まで吸収してきたこと・自分が考えることを子どもに伝える時がきた、
と感じています。

子育てでの自分の役割が終わったと思えたら、
スキル・経験を活かして仕事に戻るかもしれません。

会社がどういう判断をするのかはまだわかりませんが、
できれば退職して、小学校~中学校は
自分のエネルギーを家庭のことに集中したいと思います。

幸いにも夫は
私がしたいことがあるならするべきだ、と応援してくれています。

「ローンがないんだから、何とてもなるよ。」
ということだそうです。

住宅ローンを完済してしまって、良かったです。
最近は、投資へ資金を回せていて、利益もある程度でてきています。

共働きを続けて後悔しないか、を考えるとき
「あと1年しか生きられないなら、共働きを続けるか」と自答してみると
良いと思います。

私の場合は、あと1年の命なら、
明日にでも会社を退職して、
家族と1秒でも長く一緒に過ごす道を選びます。

人生は長いのか短いのかよくわかりません。

ただ、定年は伸び続けています。
私の父親が現役時代は、55歳定年だったそうですが、
あるとき60歳定年になって、がっかりしたと言っていました。

私たちが60代になる頃には、
自分の子どもたちは、70歳定年以上になることは
間違いないでしょう。

年金の支給開始年齢の引き上げは、
順次65歳まで引き上げられますが、65歳で止まるとは思えません。
これも70開始、75歳開始・・・と引き上げられることでしょう。

もし、60代まで生き続けられたら、その頃には
70歳でも働いている人がたくさんいる、ということです。
住宅ローンさえなければ、
生きるのに困らず、楽しめる程度に稼げれば十分です。

今から30~40年後の未来がどんな社会になっているのか
予測はできませんが、
時代の変化を感じ取りながら、
変化を恐れず、軽やかに生きていきたいと思います。

error: Content is protected !!