楽天証券ポイントは楽天市場や楽天ブックスで使える

妻です。
楽天市場をよく利用します。

また、クレジットカードは、楽天カード1枚のみしか持っていません。
管理がしやすく気に入っています。

楽天カードを持っている理由は、以下です。
(1)年会費が永年無料
(2)楽天カード使用額の1%が楽天ポイントとしてもらえる。
(3)楽天ポイントは、楽天市場での買い物時に現金と同じように使える。
(4)楽天市場で買い物をして楽天カードで支払うと、金額の2%が楽天ポイントとしてもらえる。
⇒(楽天市場の買い物ポイント1%+楽天カードの使用ポイント1%=合計2%)

月末に楽天証券で投資信託を50万以上保有していると、
投資信託の保有額によって、以下の楽天証券ポイントがもらえます。

(毎月末時点)
50万円以上~200万円未満:50ポイント
200万円以上~400万円未満:100ポイント
400万円以上~600万円未満:150ポイント
600万円以上~800万円未満:200ポイント
800万円以上~1000万円未満:300ポイント
1000万円以上~2000万円未満:500ポイント
2000万円以上:1000ポイント

この楽天証券ポイントは、楽天ポイントへ変換できるので、
「楽天市場」・「楽天ブックス」・「楽天トラベル」などで
現金同様に使えます。

2つあるポイントコースのうち、「楽天スーパーポイント」を選択すると、
月末になると、楽天証券で付与された楽天証券ポイントが、
自動的に楽天市場のポイントに入ります。
(別のコースを選択すると、JALのマイレージにも変換できます)

先月から楽天証券で投資信託を購入し始めましたので、
今月末から楽天証券ポイントがもらえることになります♪

もらえる楽天証券ポイント数は、
月末時点の投資信託額で判断されます。
投資信託を1年間保有していれば、12回ポイントがもらえます。

投資信託を保有しているだけで、
よく利用する楽天市場で使えるポイントは、
電子マネーのようなものです。

これを楽天カードで買い物をすると、
買い物額の2倍のポイントがもらえます。

ポイントがたまる⇒ポイントを使うと同時にポイントがたまる・・
の繰り返しになります。

今後しばらくは、
楽天関係のポイントについて勉強したいと思います。

(妻)

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!