炊飯器の使い方で電気代を節約できる

妻です。
料理で節約するには、毎日使う電気炊飯器の使い方が重要だと考えています。

最近の炊飯器は、ごはんが炊き上がった後に自動的に保温されます

熱を発生させるには、エネルギーが必要なため、当然電気代がかかるのです。

電気炊飯器を保温すると、電気代は1時間に0.9円もかかります。

炊飯器ではごはんが炊き上がったら、即座に保温ボタンを切りましょう
蒸らしは、保温していなくても十分可能です。

もしご飯が余れば、冷蔵庫か冷凍庫で保存しておきます。

そもそも、炊飯器の中のごはんを常に温かくしておく必要はないと思います。
食べるときに食べる分だけ電子レンジで温めたほうが経済的で節約になります。
無駄にエネルギーを使わないことは、地球温暖化にも貢献できます。

その上、長時間保温しておいたごはんよりもおいしいです。
(妻)

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!