親知らずを抜いた

夫です。
先日、30代で親知らずを抜きました。

2本の親不知が生えていたのですが、
1本目を抜いたのは10年近く前になります。

回復力のある若い時に全部抜いておけばよかったのに、
1本はそのまま放置していました。

残っていた親不知は、真横に生えていました。
下の歯の奥歯は噛みあわせが上を向くはずが、
隣の歯の方を向いていました。

気になるのは歯を磨く時。
どうしても、磨けないのです。

極細毛の歯ブラシを頑張って突っ込んでみても、
磨けるのはちょっとだけ。

デンタルフロスは、噛みあわせ部分には当たりません。

親知らずは別に抜くだけなので、
虫歯だろうが、なんだろうが良いのですが、
その隣の奥歯は守らなければ!

そう思うとなんだか気になってしまって。
抜きたくてしかたありません。

ようやく歯医者に予約をいれました。
歯科医院へ行っても、いきなり抜いてはくれません。
色々と検査して、状態をみて、クリーニングして・・・。

抜歯の日まで2週間が経過しました。

昔の記憶をたどると、
大して痛くなかった記憶しかなかったので、
怖いとかそういう気持ちはなく、
軽い気持ちでした。

麻酔を打たれ、感覚がなくなってきて、
いよいよ抜かれます。

真横に生えているため、大変抜きにくそうです。
削ったり、引っ張ったり。
先生の格闘は続きます。

でも、口を開けている私も結構大変です。
場所が奥歯ですから、
全開状態で長時間キープしなくてはなりませんから、
顎や顔の筋肉が痛くなります。

抜いた最後は傷口を縫っておしまいなのですが、
この縫う時の糸が口の横に当たって、
ちょびっと口の端が裂けていました。

麻酔が効いていても感覚でわかるものなんですね。

2時間ほど経ったでしょうか。
麻酔が切れてくると、ジワーっと痛みがでてきました。

動かなくても抜いたところが痛いのです。
裂けた口の端っこも痛い。

私は、普段は食欲旺盛ですが、
この日ばかりはダメでした。

もう回復力旺盛な若かりし頃とは違うということか。。。
しばらく大人しくしておきます。

あぁ、リスみたいに頬が腫れないことを祈ります。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!