5~6歳の子どもが好きな隠し絵と迷路の絵本

夫です。
今日は最近購入した本について。

こにぎりんと一緒に本を読む時間を毎日取っています。
読書というより、音読とも読み聞かせとも言うかもしれません。
楽しくて嬉しい時間です。

書店で子どもがはまる面白い本を見つけたました。

以前から私もこにぎりんも、
細かい絵の中にわかりにくく描かれた絵「隠れ絵」を探すのが好きでした。

最初に、子どもが隠れ絵を探すのが好きなことに
気がついたのはこの本でした。

新幹線のたび

遊び心のある細かな書き込みや、
本の趣旨とは関係のない絵を入れることで、
子供が「見つける」喜びを楽しんでいることを知りました。
そしてその本を何回も楽しんでいることも。

そして、先日見つけた本がコレ。

時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで

実は色々な種類(シリーズ)があったのですが、
今回購入したのがこの本だったのです。

こにぎりんが最近迷路が好きなので、
「こんな本やるのかなぁー」と思って見ていると
こにぎりんが好きそうな隠し絵が何ページも続いています。

隠し絵だけではなく、細かで繊細な描写、本文とは関係ない見つけにくく小さく描かれた絵。
作者のいたずら心が色々と詰まっていて、実に楽しそうな絵本です。

購入してからは毎朝、毎晩隅々をチェックしているようです。

他のシリーズもあるようなので、
こにぎりんに挑戦させてみようかな、と思っています。

今の子供の好きなもの(迷路・隠し絵)に
ぴったりな良い本に出会ったなと思います。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!