保育園児と共働き夫婦の生活(平日編)

ルタイム共働きの生活(平日編)
退職まで残り2週間を切りました。

育休後に約5年続いた正社員同士フルタイム勤務+保育園児との生活を2016年3月末で終わらせます。
そこで、フルタイム同士の共働きの保育園子育て生活(平日)のタイムスケジュールと夫婦で取り組んできたことをまとめておきます。

夫の担当家事(朝)

夫は、正社員同士の共働き時と同じようように、私(妻)が退職した後も、朝の家事を引き受けると言ってくれています。

夫の朝の家事内容
・子どもの朝食(夫婦は2015年から朝食抜き生活)
・夫婦の昼食(お弁当2人分)
・夕食の下ごしらえ

その他として、
・私が干しきれなかった洗濯物を干す
・布団をあげる
・夫のYシャツは夫がアイロンをかける。子どものハンカチ類も一緒にやってくれます。

これが今の(保育園ラスト2年の)夫の担当業務。
さらに、夫が子どもを保育園に送っていっています。
夫が出張で帰宅できないときなど以外は、5年間ずっと夫が担当です。

妻の担当家事(朝)

私の朝の担当業務は、1時間出勤が早いので、あまりできませんが、子どもが年長になってからは、子どもの家庭学習をそばで見る、ということがメインです。

あとは洗濯物を干したり、部屋を片付けたり、子どもが持って行くものの確認などもしています。

妻の担当家事(夕方~夜)

・仕事を定刻に終わらせて、即行で退勤し、保育園に子どもを迎えに行く。
・子どもと自宅に帰宅後、夫が下ごしらえした食材を調理して夕食を作り、並べる。
・洗濯物をその間に取り込む。
・次の洗濯物を回すときもある。
・年長からは、子どもの家庭学習をする日もあり(朝できなかった日は夕方にする)
・子どもの楽器の練習とソルフェージュを確認
・掃除機をかける(週3くらい)

夫の担当家事(夕方~夜)

・仕事は定刻では終わらないことがほとんどだが、夕食が終わるまでには帰宅。
・不足した食材(牛乳など)を帰宅時に購入。
・食後の皿洗い+子どもの保育園コップなども洗う。
・お風呂の掃除+準備
・ペットの散歩
・子どもの髪の毛を乾かす(妻のときもあり)
・子どもの歯磨き仕上げ(妻のときもあり)
・子どもと一緒にストレッチ(子どもの武道の先生に柔軟体操をするよう指示が出たので。妻も参加。)

職場のもうすぐ結婚して共働きをする女の子の話

職場に20代前半の女の子がいます。もうすぐ結婚するそうです。おめでたいことです。
問題はここから・・・。

電車で職場まで1時間かかるところに新居をかまえるそうです(それはもう決まったことなので、コメントしませんでした)。

最近、彼女に共働き生活について相談されました。
「共働きができる自信がありません。仕事するのに、家事もするなんて・・・。平日は実家に今のまま住んで、週末だけ夫と暮らそうかと思っているですけど、どう思いますか?」という内容でした。

え?結婚しても、平日は実家でご飯作ってもらって、洗濯・掃除もしてもらって・・。
旦那さんは1人ということ?

・・・・。

私 「それはないやろ。東京と福岡とかすごい離れるなら、そういう選択もありやけど。○○さんは、電車圏内やん?何のために結婚するん?」

彼女 「そうですか・・。やっぱだめですか・・。」

私 「そんな生活してたら離婚されるかもしれへんで。結婚って生活そのものじゃないん?子どもができるまでは、共働きなんて楽勝よ。子どもができたら、その100倍はしんどいから退職考えても良いと思うけど。彼の職場は、家に近いの?」

彼女 「はい。帰るのは、彼の方が1時間くらい早いです。職場から近いんで。」

私 「なら、旦那さんに夕食作ってもらえばいいやん。」

彼女 「彼は、料理全然ダメなんです・・。」

私 「大丈夫。うちも全くできなかったけど、今は私とあまり変わらんくらいできる。週末に一緒に作りながら、少しずつ教えてあげたら良いよ。」

彼女 「はい・・・。(自信なさそう)

ほとんど一緒に暮らさないのに、結婚するってどういうことなのでしょうか。
自分が楽したいから、自分だけ実家に住むって、一体・・・。

彼女よりも一回り以上も年上の私は、理解に苦しみました。
私は、結婚という形よりも、夫と一緒に暮らしたい気持ちのほうが強かったんですけどね・・・。

家族みんなが楽しく過せるように、家族で協力して生活を回していく。
ぶつかったり、譲歩したりしながら。
それが結婚生活・家族だと思っていましたが、違う人もいるのでしょうね・・・。
(自分の考えを押し付けたかもしれないと反省。)

自分の子どもが結婚するときは、どんな夫婦の形・家族の形がスタンダードになるんだろうか、とぼんやり思いました。
どんな形であれ、対話(会話)して、議論して、譲歩しあって、ベストな選択をしていくことは必要です。

息子よ。いつかそういう相手と出会えるといいね。

error: Content is protected !!