4~6歳のマラソン

妻です。

現在通っている保育園では、冬になるとマラソンがあります。
2か月ほどの短い間なのですが、
週1~2回あります。

そのマラソンは、4~6歳児(年少・年中・年長)であります。
0~3歳児クラスではありません。

将来子どもに話せるように
備忘録的に書いておこうと思いますが、
6歳児になって、保育園内マラソンで
ほぼ毎回1位を取るようになりました。

自信がついてきたね、こにぎりん。

新年明けて最初のマラソンでもぶっちぎりの1位だったと
担任の先生から教えてもらいました。

4歳、5歳の頃は、6歳児さんと混ざって走るそうなのですが、
順位について聞いたことがありませんでした。

6歳児(年長)クラスの最初のマラソンで2位だったと聞き、
それもたいしたもんだ、と思っていました。

その次のマラソンで1位になり、べた褒めしました。
すっかりマラソンに自信をつけたようです。

それからは、ほとんど1位のようです。

私も小・中学生時代もマラソンは速かったと記憶しています。
夫は運動全般が大得意なので、短距離・長距離とも速かったそうです。

やはり遺伝なのかもしれません。

まだ子どもには長距離用の走り方(短距離とのフォームや呼吸の違い)を
教える前ですが、すでに速いのです。

習い事の武道の先生が言っていました、

「お母さん、これまで色々な子どもをずっと見てきましたが、
私の経験から、運動も勉強も遺伝の要素は非常に大きいと思います。」

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!