影を使った遊び

夜、子どもが壁に映った自分の影を見て
踊っていました。

リビングにある3つのペンダントライトの光が、
子どもの影を3つ作り出していて、
それが不思議で腕を何度も動かしています。

影遊び(6歳)

子どもを早く寝させたかったですけど、
踊っている様子が可愛らしくて
「早く寝なさい」と言えませんでした。

最近は、影に興味を持つことが多いです。

例えば、保育園の暗い帰り道に歩いていて、
電灯から遠ざかると、影が長く見えます。

すると、
「オレ、大きいなぁ!!(嬉しそう)」
「お母さんより大きいで!!」
など、よく言います。

科学現象を素直に不思議がって楽しんでいる様子が
可愛らしいです。

何歳ぐらいまでこの可愛らしい姿が見られるのだろうと
思います。

身近な不思議なことをたくさん発見して体験していくことで、
小学生・中学生・高校生で理科を習うときに、
スムーズな理解に結び付くだろうと思います。

私自身が、子どもの頃に何度もやった水遊びや影遊びが、
物理の勉強をしているときに
間接的に役立ったと感じることがありますから。

親が知識や現象の断片を教え込むのではなく、
子ども自身が、生活の中で
色々な現象に気づいてほしいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事もどうぞ♪
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。