瓶のフタが開かないときのために「男要らず」がほしかった

夫がいないのに、ジャムなどの瓶のフタを開けなければならないことがよくあります。

そんなとき、母が使っていた「男要らず」と呼んでいた道具を思い出します。
でも、インターネットでいくら探しても実家にあったステンレス製の「おとこいらず」はヒットしません。

そこで、仕方なく先週購入したばかりのフタを開ける道具(オープナー)を使ってみました。

瓶の蓋をあける道具(オープナー)
いや~、びっくりするくらい簡単に瓶のフタが開いてしまいました!

もっと早く買えば良かったです。

力のない人でもこの道具を使えば、瓶のフタが開けられるので、年を取った人にも便利だと思います。
これまでは、ゴム手袋をはめて必死でフタを回して開けていましたが、最近は手首が痛くなってきていましたので・・・。

購入したのはこちらの商品↓

選ぶときに注意した点は以下です。
・日本製(長持ちしそう)
・一つの道具で色々なサイズの瓶のフタが明けられる道具であること。 この商品は、ペットボトルなどの小さなフタから9cmのものまで対応可能。
(蓋のサイズに合わせて異なるオープナーを使わなければならないものがあります。それだと、複数のオープナーを置くのに収納場所も取るし、なによりいちいち蓋のサイズに合わせて適切なオープナーを選ぶのがめんどう。)
・デザインがシンプル(カラフルな色の道具は苦手・・)

この道具は、一生ものになりそうです。大切に使おうっと。

error: Content is protected !!