父親は子供がやりたい遊びに付き合うのが良いと思う

夫です。
私の週末は大忙しです。

週末恒例の買い出しがあるのもそうなのですが、買い物から帰ってからも子供過ごす時間は続きます。
私は土日が休みなのですが、2日とも朝起きてから寝るまで、大体一緒に過ごしています。
自分の時間とか皆無なんですが、子供の興味がある事や、どんなことを喜ぶのか、どんなことができるのか、できるようになったのか、一緒に遊ぶことでわかることがとても多くて凄く有意義な時間に感じています。

近所の公園に出かけるのもよし。少し遠くの公園まで出かけるのもよし。
基本的には子供に主導権を与えて、子供のやりたいことに付き合うようにしています。
そうすることで「遊んでいる」という感覚を覚えると思うのです。
親のやりたいことが子供のやりたいこととは限りません。
親は遊んでいる気分になっているかもしれませんが、子供からすると「本当はアレがしたかったのに」とか思うようであれば、一緒に遊んでいるうちには入らないのではないかと思うのです。

父と公園で武士ごっこ(6歳)

子供(6歳)に主導権を与えて、一緒に遊ぶと面白いことがおこります。
例えば鬼ごっこを私(父親)と一緒にやっていると、自分(子ども自身)が捕まらないためのルールが子どもによって次々と制定されます
そうやって子どもが色々と頭を使って楽しめるようにしてあげたいと思います。
自分が負けそうになると駄々をこねるので、ちょいちょい面倒くさい時もあるのですが、ルールを改善するように促すと、あっさりルール変更されたりして、子供との交渉も楽しめます。
たまにはこちらから提案する遊びもありますが、子供本人が自分で考えた遊びや、やりたい事をやっているという実感は、遊びに対する取り組み方も違うんじゃないでしょうか。

一生懸命遊ぶと、子供には「楽しかったなぁ」という感情の記憶が残るんじゃないかと思います。
大きくなった時にはきっと覚えていないとは思う(私自信がそうなので)のですが、心の中にはしっかりと「楽しかった貯蓄」されていればそれでいいと思います。
「全然覚えてないけど、なんか楽しかった気がする」こんな状態になっていればいいな、と思います。

もう少し成長すれば、放課後や週末は友達と遊ぶようになるでしょう。
それまでに残された時間(あと3年くらいかな)、私と遊ぶことを楽しみしてくれている子供と過ごす貴重な時間を存分に楽しみたいと思います。

今度の週末は一緒に刀(戦い用)を製作するのだそうです。材料を検討しておかなければ。

error: Content is protected !!