本物っぽい子ども忍者の衣装を買うなら

忍者の服を購入して半年ほど経ちます。
子ども(6歳年長)は、忍者が大好き。

5歳の時には「忍者になりたい」というので、滋賀県甲賀市の忍術屋敷に連れて行きました。
(参考:子ども(5歳)と滋賀県甲賀市の忍術村へ行きました
そこで、忍者の衣装が購入できたのですが、その時は買わずに帰宅しました。

子どもが 「あんな(忍術村の)忍者の服がきたい」と何度も言うので、ネットで探してやっと購入することができました。

それにしても、たくさんの忍者の衣装が販売されているのでちょっとびっくり。
大人用もたくさんありますね~(??舞台や出し物用でしょうか・・)。

でも、甲賀の忍術屋敷の衣装とは、デザインがかなり違います
一つ一つ確認しながら、探しましたが、全く同じものはありませんでした。

忍者の服のズボン

忍術屋敷で来た忍者の衣装(ズボン)は、袴ではなく、足首をゴムで絞ったデザインで、5歳児の子どもでもかっこよく忍者の服を着こなせました

一方、伊賀忍者の衣装は、(ズボンが)ハカマです。

しかし、袴(ハカマ)だと、幼児の場合、足が短いので、いまいちな感じになるかも・・・。と思い、ハカマの衣装は買いませんでした。

小学校中学年になれば、足が長くなるので、ハカマ版忍者衣装もかっこよく着れるかもしれません。

頭巾(ずきん)

頭巾は、お店によって、付属している場合とそうでない場合がありますので、ご注意を。
手作りできるとは思いますが、時間を節約したい人は購入するのも手だと思います。

また、頭巾はショップによってデザインが違う点も注意です。
ネットショップで見たものは、いずれも甲賀忍術村で来た忍者服の頭巾とは、違っていました。

甲賀忍術村では、長い長方形の布をただ巻いただけでした(記憶があいまいですが・・・)。
忍者服を手作りするなら、頭巾も作るといいかもです。
頭巾は、幅広の長い布だけだったと思います。

忍術村のスタッフの人が、子どもにかっこよく巻きつけてくれました。
巻きつけてもらうときの動画を取っておけば良かったです。

でも、ネットショップで販売されている頭巾は、帽子のように頭にかぶるデザインが多いんです(口が隠れるデザイン)。ひもを首に巻きつけてとめるデザイン。

忍術村の頭巾のほうが、かっこよかったな・・。

一方、頭巾とハチマキの両方が付属しているお店もあります。
頭巾が気に入らなければ、ハチマキでも楽しめます。
簡単に手作り可能ですが・・・。布を購入して、切って、縫って・・・作る時間が取れない親には助かります。

あ~、こんなことになるなら、忍術屋敷で買っておけば良かったです。

それでも、やっとこさ、私と子どもがイメージしている忍者の衣装を購入することができました。
はい、うちの子が着たらこんな感じになります。
(※剣は夫の手作りです)
忍者の衣装(子ども6歳年長)

少しわかりにくいのですが、これが購入時のパッケージについていました。

本格派忍者スーツセット(商品包装)

拡大写真です。忍者スーツを着て、ずきんをかぶった少年。

本格派忍者スーツセット(商品包装2ずきん)

こちらは、付属のハチマキをしめて、付属のゴム製クナイ(忍者の武器)を持った少年。
本格派忍者スーツセット(商品包装2ハチマキ)

うちが購入した忍者の服のお店はこちら(↓)
しのびや楽天市場店

子どもが忍者を好きになったきっかけ

好きになった順番は、武士 ⇒忍者です。
今も武士は相変わらず大好きです。子どもの好きなものが増えていくのが面白いです。

好きなったのは、武士に関係するものを見るようになって、映画の中に忍者が出てくるので、知ったのがきっかけだったと思います。

私(母)の記憶では、子どもが忍者を最初に認識したのは、るろうに剣心という映画でした。
るろうに剣心の映画の中で綾野剛君が扮する外印という役柄を演じていました。

剣心と対決するときの綾野剛君(外印)の動きが、忍者のようだったので、夫と
私 「綾野君のこの動き、忍者やんね?」
夫 「そうやな。忍者っぽいな。」
子ども 「忍者って~?」

そこで、忍者の説明をしたような気がします。
それからは、忍者が大好きな子どものために、色々見つけて一緒に楽しんでします。

忍者の塗り絵を手作りで増産中
東映映画村
・にんたま乱太郎(NHKアニメと絵本の両方あり)
・忍者の絵本(参考:子どもが好きな忍者の絵本リスト
・GOEMON(忍者中心の映画)
・るろうに剣心(綾野剛君が忍者かな?)
・歴史関係の絵本や映画・ドラマ(忍者がよく出てきます。)

error: Content is protected !!