退職前の職場パソコン整理方法(メモ)

退職前の職場パソコンの整理方法
仕事に関しては、今週あたりに引継ぎをする予定です。
少しずつ私物を持って帰っていますし、新しい仕事を受任することもほとんどなくなってきましたので、会社の机の上も引き出しの中もだいぶさっぱりしてきました。

今週は、パソコン内部の個人ファイルなどを削除して、職場のパソコンの中を整理する予定です。

ブックーマークの削除

会社のパソコンで個人的なブックマーク(お気に入り)がたくさんあります。
仕事関係はもちろんですが、子育て関係など業務には関係のないブックマークもそれはもうたくさんあります。

職場では、インターネットを使うブラウザとして、GoogleCrome、InternetExplorer、 FireFoxの3種類を使っています。

ブックマークが保存されているファイルの場所は、使用しているブラウザによって異なります。

ブックマークの保存ファイルは、隠しファイルになっていることが多いです。ブックマークを削除したい場合は、ブラウザの種類ごとにブックマークの格納ファイルを削除しておきましょう。

まだ2週間ほど退職日までありますので、今ブックマークを削除してしまうと、引継ぎの仕事も不便になります。
そのため、ブックマークの保存場所だけ確認しておき、実際には最終出勤日の前日に完全に削除しようと考えています。

個人で入れたソフトの削除

別の人が私のPCを使う場合は、OSを再インストールするとは思いますが、色々なフリーソフトを入れているので、これらもマナーとして削除しておこうと思います。

パソコン内の個人ファイルの完全削除方法

退職後に、人に見られたくないファイルは完全削除します。
社内評価に関する書類・個人情報が記載されている各種届出書など、長年同じ職場で働いていると色々なファイルが貯まってきます。

※ゴミ箱に入れて「ゴミ箱を空にする」にしても、そのファイルは簡単に復元できるので、徹底的に消去するためには、専用のソフトを使うことをお勧めします。

最近では、完全削除(CompleteDelete)(フリーソフト)がおすすめです。操作が簡単です。
ファイルを乱数や特定の文字を書きこんでデータを完全に破壊してくれるソフトです。

共有ファイルへ移動

引き継ぎに必要なファイルは、社内の共有PCへデータを移動させておくべきでしょう。
勝手に退職者が、データを削除すると、残された人が困ります。

メールの整理

個人的なやりとりをしたメールはすべて完全削除(CompleteDelete)(フリーソフト)を使って完全に削除しておきます。

後任者が見るかもしれない仕事関係のメールは、共有フォルダへ整理して残しておいたほうが良いと思います。

インターネット閲覧履歴の削除

インターネットの閲覧履歴は、退職日の前日か当日にすべて削除して、削除後はインターネットを使わない予定です。
せっかく削除したのに余計な履歴ファイルが生成されるのを防ぐためです。

ディスクのクリーンアップ

意識せずに貯まっているtmpファイルなどを削除して、PCを軽くします。
マナーであると思いますし、個人的な隠しファイルの削除も兼ねています。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!