自宅で絵の具でお絵かきをする方法

絵を描くのに必要なもの

・ブルーシート(3m×3m)
・スモック(夏なら汚れてもいいパンツ1枚で)
・絵の具
・絵筆(数種類)
・パレット
・画用紙
・お絵かき用バケツ(黄色の中が分かれたもの。洗面器などで代用可能。うちは、2歳ころは洗面器を使っていました。)

絵の具の整理をしていたら、子どもが「これで遊びたい!」と言うので、いつものようにブルーシートを広げました。

6歳にもなれば、自分でバケツに水をくんで、スモックに着替えて準備をしてくれます。

子供が絵を描き始めたときに親がやること

絵の具を出して混ぜ始めますが、それが汚い色合いでも、口は出しません。
もう好きなようにやってもらいます・・・。

親の役割は、ただ画用紙を渡すことと、
「見て!!」と言われたときにみるだけです。

絵具で武士の絵を描く(子ども6歳)
子供が描いた侍(望月小太郎)。

今、武士にはまっていますので、絵のモチーフはやはり武士です。
最近になって、2009年のドラマ「サムライハイスクール」を見たので、その影響を強く受けています・・。

あらすじは、いまどきの草食系の東京の高校生(三浦春馬)(優しいが見て見ぬフリをする性格)に、戦国時代の武士、望月小太郎(三浦春馬が二役)が乗り移り、現代の様々な問題を解決しつつ、古きよき武士道精神を叩き込むというお話。

高校生に武士が乗り移るシーンが仮面ライダーの変身シーンに良く似ていて、変身後のサムライがかっこよく悪党をやっつけるシーンが、仮面ライダーや戦隊ものを彷彿とさせます。

5~6歳の子どもでも十分わかるストーリーで、とても楽しんでしました。最終話までみました。

武士が好きなので、近くのお城・歴史博物館・忍術村・映画村などは行ってきました。しかし、戦国時代の体験ができるところは行きつくした感があります。
今は、映像でのインプットとお父さんとの戦いごっこがメインになっています。

実際の体験・絵本・映画・ドラマなどでインプットすることで、絵を描いたり、ブロックや積み木を使って、戦国時代を再現したりしています。

子どもを見ていると、インプット→アウトプット→インプット→アウトプット・・・と行ったりきたりしながら、どんどん周辺情報を獲得して、精度を高めているように思います。

周りのお友達よりもよく知っていることがあると、お友達に教えたり、お友達に影響を与えたりすることで、自尊心を高めながら、自分の「好き」を実感していくのだな~と思います。

error: Content is protected !!