人事異動の季節に思うこと

人事異動の季節に思うこと(道)
夫です。

私の勤める会社は3月末決算です。毎年4月から新しい体制で、新しい期が始まります。
そうしますと、毎年2月くらいになると、社内で色々な噂が飛び交うことになるわけです。○○さんはどこどこへ異動するらしいよ、△△さんが昇格するらしいよ・・・などなど。

毎年たくさんの人が異動します。半ば思いつきのような人事に驚きながらも、来年自分だったら嫌だなぁ、なんて思って過ごしています。
でも、本当に自分の身に降りかかったらどうしますか?転居を伴う異動だったら一大事です。

今まで大きな異動もなく過ごしてきました。
そろそろ若手とは言えない立場になり、やっている仕事の内容もどんどん難易度と責任が増してきています。
場合によっては本当に異動もあり得る状況になってきました。

独身なら会社も躊躇することなく異動させるのでしょうが、私には家庭があり、家庭に軸足を置いている部分を理解してくれている上司がいることで免れています。
過去に転勤の打診が2~3回ありましたが、それを断れた(拒否できた)のも、上司の配慮の部分が大きかったと思います。
今の会社で頑張っていれるのはそういう人と会社に恵まれたからだと思います。

でも、いつまで援護してもらえるのか。
いつまでも同じ環境が続く保証なんてどこにもありません。
もっと言えば、今の会社がずっとあるとも限りません。
そうならないために頑張っているわけですが、世界規模の不況の流れに自分だけで逆らえるとも思えません。

異動を言われた時に転職すればいいや、と軽く考えた時期もありましたが、実際のところ、転職が良いとも限らないとも考えるようになりました。
会社務めって、お金だけじゃない部分も結構あるんですよね。

働き易さもそうですし、会社と自宅の距離(通勤距離)もそう。
今の会社は、色んな部分で緩い部分がある会社なので、条件的には自分に向いている気がします。

そうやって、色々と考えてみると、「異動はどうか」言われたら、受け入れて異動するのもアリかな、と思います。
単身赴任ということは夫婦ともに考えていませんので、転居の際は家族全員で移ることになりますが、家族がいれば何とでもなる気がします。

いつでも生活を変えられる気持ちを作るのか、
必死に現在の生活を維持することに努めるか。

先の見えない現代で、どう進めるかの方向性だけでも決めておくということは、いざその時が来た時の判断が明確で心の安心につながるのではないかと思います。
毎年不安になる時期がくるわけですが、今時のサラリーマンには避けられない現実だと思います。


どちらに進むか迷うところでしょうが、結果なんて進んでみないと誰にも分かりません。
自分が後悔しないと思うように、方向性を決めておくといいんじゃないかと思っています。
人生、考えることが多くて困りますが、そこがまた楽しいですよね。

(文:夫)

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!