子どもと北陸新幹線を作りました。

夫です。

うちの子どもは、図鑑を見るのが好きです。

最近購入した図鑑、鉄道 (講談社の動く図鑑MOVE) のDVDを何回も見て、DVD中に挿入されたナレーションを覚えている部分もあるほどです。

彼の最近のお気に入りが、北陸新幹線
(実物を見たことはありません)

白と青の鮮やかなボディーに、金色のラインが入っていて、新しさを感じる車体です。

唐突に子どもに「お父さん、新幹線つくって」と言われました。

いや、作れと言われても・・・

僕は、考えました。

何か家にあるものでそれらしく作れないか、と。

まず子ども用の椅子を2つ用意しました。

一つ目の椅子は、横に倒して、新幹線の車体を作るのに使いました。

二つ目の椅子は、こにぎりんが座る椅子(運転席)として使うことにしました。

あとは大き目の段ボールを用意しました。

これは近所のスーパーへいただきに行きました。

あとは補強して、乗り物っぽく仕上げて完成、と言いたいところなのですが、段ボールだと文字が書いてあって、どうも新幹線の雰囲気がありません。

そこで妻の提案で画用紙を何枚か繋げて、絵具で北陸新幹線の色で塗ることにしました。

父子で2人でペタペタ塗りました。

絵具が乾いたら、段ボールの上から張り付けて完成です!

手作り感満載の完成度の低いおもちゃではありますが、子どもが楽しそうに運転しているから、それで私も大満足でした。

手作りの北陸新幹線
その後、父子2人で、何回も「福井⇔東京」を往復したのは言うまでもありません。
実に楽しい時間でした。

作った新幹線も少ししたらゴミになるのでしょうが、
「楽しかった」と思う時間を積み重ねられたら良いと思っています。

次はどんなミッションがくるのでしょうか。

それはそれで楽しみです。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!