お絵かき遊びで「上手」と褒めないほうが良いかもしれない

妻です。

今日は、保育園から帰宅後に
折り紙の裏に何かの絵を描いて見せてくれました。

母 「これは何の絵?」と聞くと
子 「え~?」
母 「なによ?教えてよ~。」
子 「・・・。トンボ描いた」(言いたくなさそうでした。)
トンボの絵(何も見ずに描く)
(5歳)

その絵は不思議で可愛らしいと思いました。
でも、「トンボ」と呼ぶには、体のバランスがおかしいと思ったので、
図鑑のトンボのページを見せました。

すると、「そうか~」と言って
「おれは、これ(マルタンヤンマ)が描きたい!」
と言って、書き始めました。

しばらくして、
「できた!!」と叫ぶので、見に行くと、
最初に何もみないで描いた絵とは大違いで
マルタンヤンマの色や形を細かく真似をした、写実的な絵でした。
羽根の模様まで描きこんでいました。
トンボの絵(図鑑を見て描く)
「すごいな~。さっきの絵よりも本物らしくなったね~」
と褒めました。

その後は、5匹くらいトンボを書きました。
そのあとは、アオカナブン・クロカナブン。
ミイデラゴミムシ。
数種類のチョウ・・・。

とず~っと図鑑を見て、虫一匹を描くたびに
「見て!!」と叫び感想を求めていました。

「上手にかけたかけたね^^」と言うと満足そうな顔をしますが、
「ここの羽の形は、もうちょっとこうじゃない?」と言うと
「いいねん!!」とばっさり・・・。

次に「これは、明日R君にあげる!!」と大切にそうにカバンにしまっているので、
「R君もきっと喜ぶね^^」と言いました。

「お母さんにも何か描いてやろうか?」と言うので、
「お母さんは、家にこにぎりんが描いた絵がたくさんあるからいいよ」と答えました。
すると
「お母さんにために描いてやるって!」と言うので
「そしたら、描いてもらおうか。」と言いました。

綺麗なチョウの絵を2枚描いてくれました。
チョウの絵1(海外旅行で見たユリシスを思い出したらしい)↓
チョウの絵(ユリシスを思い出して)

図鑑を見ながら描いたチョウの絵2↓
チョウの絵(図鑑を見ながら描く)

でも、ふと思いました。
最初のトンボの絵のほうが良かったかも、と。
独創的で面白いし、子どものオリジナル感が出ています

写実的な絵=上手な絵

こんな思い込みを子どもに与えてしまったかもしれません。
図鑑を見せて「描いてみたら?」と言ってしまったことを
後悔しています。

今日の朝、すぐに子どもに言っておきました。
「お母さんは、昨日最初にこにぎりんが描いたトンボの絵が一番好き」
「こにぎりんらしさが出るから。」
「図鑑を見なくても、とっても素敵な絵が描けてると思うよ。」

【サクラクレパス】サクラ クーピー 18色は、子どものお絵かきにおすすめです。

(追記)

6歳の今もよく絵を描いていますが、もう図鑑などは見ることなく、想像して+創造してオリジナルな絵をよく書いています。何かを見て描くときもあります。どちらの絵を描いても、具体的にどこがいいかをべた褒めしています。
子どもの絵というのは、それだけで素敵ではないですか?
我が家では、子どもが描いた絵を壁じゅうに貼っています。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!