子どもの塗り絵は作ることにしました

夫です。

最近子どもを連れて、スーパーの食材の買い物へ行きます。
文具売り場を通ると、
そこにある塗り絵を欲しがります。

思い返すと、私も子どもの頃によく塗り絵をした記憶があります。
子どもにも良いかなと思って
買ったこともありました。


以前塗り絵を購入した頃は、
グチャグチャに塗っていました。

その後慣れてくるとちゃんと輪郭内を塗るようになり、
一冊塗り終える頃には自分がイメージした色を塗るようになりました。

そんなに高額でもないし。。。。

そう思って子どもの欲しがっている塗り絵を見ると、
なんとトミカの塗り絵でした。

これは私の守備範囲です!

私は車が好きで、子どもの頃はよく車のイラストを描いていたものです。
構造物のイラストはちょっと得意です。

そこで、塗り絵の内容を見ていると、
なんだか自作でできそうじゃありませんか。

大雑把な形と輪郭をはっきり描けば、
それっぽくなりそうな気がしたのです。

そこで私は
「こんな感じならお父さん描いたるわ。
好きな車の写真持ってきたらいいよ。」

最初は子どもも疑いの目を向けていましたが、
私があまりに自信満々に言うものですから、

何とか納得してくれたようです。
約束をしてお店から帰りました。

さて、塗り絵作りの開始です。

「これ描いて」

と持ってくるのは図鑑だったり、
お気に入りのミニカーだったり。

でも、その場で描くと凄く嬉しそうにしてくれるのです。
塗り絵(車)を作成中

何枚でも似たような塗り絵が塗れますし、
気に入ったものを塗れる喜びがあるようで、
私もその姿を見てやる気が出るというものです。
手作り塗り絵(車)

キャラクターものの要望にも応えられるようにしようかな。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!