子供(5歳)とロボットを作りました

夫です。

モノを作り上げる喜びや、
できなくても頑張る練習といいますか、
そういう経験をさせたくて、
妻が選んだ組立式のおもちゃ(ロボット)を子供(5歳)と一緒に作りました。
ドタボット作り1回目(5歳)

ドタボットというロボット工作キットを使いました。

大雑把なプラモデルのような感じで、
複雑な作業は私がやりましたが、
ランナーからの切り離しや、
大きなパーツの組立は子供にお願いしました。

私は切り離されたパーツの仕上げや、
細かい部分や難しい部分の組立です。

今回子供の作業を見て感心したことがありました。

ニッパー(工具)を上手に使えるようになったこと。
組立説明書の絵を見てちゃんと部品の向きを合わせたこと。
・ちょっと難しくてもあきらめずに組立していたこと。

最初は説明書も見ないで適当に組立ようとしたので、
たまに怒ったりもしたのですが、
完成近くなった頃には黙々と自分なりに組立てていました。

そしていよいよ、完成したロボットが動き出しました。

そもそも「ヘンテコな動きをするロボット」を購入していたので、
そのヘンテコに動くロボットを見た子供の笑顔が何とも言えず良かったです。

純粋に楽しんでいる部分と、
頑張って作ったモノが動いている喜びと、
入り混じっているような気がしました。
(本人には確認していませんが)

この明日にでも忘れていそうな小さな達成感と喜びを、
日々の生活の中でより多く感じさせてあげたいなと思います。

それにしても、子供と一緒に何かをやると
色んな気づきがあって面白いです。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!