オリジナルの手作り塗り絵を楽しむ

夫です。

このお正月休みは、家の中でのんびり過ごす時間が取れました。
中でも、子どもが楽しんでいたのが塗り絵です。

過去に一度、購入した塗り絵(妖怪ウォッチ)を塗っていたことがありました。

しかし購入した塗り絵は一度塗ったらもうおしまいだし、
中身の絵は大きくて塗り易そうに意図的に作られたような構図でした。

それを見るとなんだか市販の塗り絵を購入するのが勿体なく感じたのです。

以来、我が家では塗り絵は買っていません。
私が塗り絵を作っています。

2人の忍者が戦う(塗り絵)

私は子供の頃落書きが好きで、
よくノートの隅っことか教科書に描いてました。

別に上手くはないですが、
落書きレベルでも子供が塗るには十分な塗り絵を作ることができるかな、と。

そこで、どんな絵を塗りたいのかを子供に聞くと、
あんなの塗りたい、こんな感じの塗りたい、
と色々な要望がありました。

それに応えようと画像やイメージをググって、塗り絵になるように私が描きます。

子どもの要望に一つ応えてあげると、
次から次と要望が出てくるではないですか(笑)。

そばで塗るのを見ていて面白いと思ったのは、
塗りながら子供が勝手にストーリーを作って楽しんでいる、ということです。

例えば、「忍者同士が戦っている絵」を描いたとします。
すると、片方の忍者だけ下半身が肌色で塗ってあるではありませんか。
2人の忍者(下半身肌色)が戦う(塗り絵)
完成した塗り絵を見せてくれた際に、
「なんでこっちの忍者は下半身が肌色なの?」と聞くと、
説明してくれました。

「2人の忍者が戦っていたけど、
片方の忍者の方が強くて、弱い方の忍者がズボンを切られたから、
下半身だけは脱げた」のだそうです。

他にも1枚の塗り絵に色々なストーリが作られていて、
子供なりに楽しんでいるようです。

描くのはちょっと大変でもあるのですが、
ただ塗るのではなく、
色々想像しながら楽しく塗っている今の状態に大満足です。

飽きられるまでどんどん要求に応えていきたいと思います。
(文:夫)

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!