共働き子育て世帯は、早寝早起きにすると毎日がうまく回る

今日は自然に目が覚めて3:30に起床しました。
昨日は、家族全員で20:30に就寝しました。

こんなに早く起きても7時間は眠っているので、
自然に目が覚めたのだと思います。

体調が悪いときは、8時間の睡眠を取っても
4:30に起きれます。

共働きの人に限らないかもしれませんが、
子どもを育てているご家庭は、子どもを寝かしつけている際に、
一緒に眠ってしまったことがあると思います。

その後に親だけが起きて家事をしたり、
自分の時間を取ったりすることが多いと思いますし、
我が家もそうしていた時期があります。

そうすると、
子どもと一緒に数分でも(ひどい場合は1~2時間)眠ってしまうことで、
元気になってしまい、遅くまで起きてしまって、
体調不良になることが多かったです。

そこで、子どもと一緒に親も完全に眠るようにしてみたところ、
うまく家庭が回るようになったように思いますので、
それについて、書きたいと思いました。

子どもと一緒に眠ってしまうメリット

子どもが安心する→ 情緒が安定する
そばに母か父(その両方ならなお良い)がいると、安心して眠れるようです。
親がそばにいないと、「おばけが怖い」と言ってなかなか眠れないようです(6歳)。

また、親だけ起きていると、「大人はずるい!」などと言ってうらめしそうです。
親の行動が気になるらしく、なかなか眠ろうとしません。
(うちの場合ですが・・・)

・子どもが早起きする
正社員として兼業主婦を続ける場合に、小学校入学後の子どもの勉強をいつ・どうやってみるかということが課題でした。
しかし、子どもは20:30に眠ると、6:00~7:00の間には自分から起きてきます。
そのため、早朝の時間を子どもの学習に充てることができるのでは?と考えています。
小学校1年生~2年生なら平日は毎日15~30分程度の学習時間(宿題以外)が取れれば十分ではと考えています。

・親が自分の時間を確保できる
今日は3:30に起きましたが、このくらいに起床できれば、2~3時間は好きなことができるのではないでしょうか。

自分の時間がなかなかとれない共働きで育児中のママは、毎日2~3時間でも自分の時間が取れると、毎日楽しく過せるのではないでしょうか。

私は、ブログ記事の更新・読書・夫と議論・ストレッチ・勉強などに早朝の時間をあてています。



・親が健康を維持できる
早寝早起きは、子どもに合わせて早寝をすることが基本のライフスタイルなので、親も睡眠時間をたっぷりと確保できます。

乳児のときは、なかなかまとまった睡眠時間を取れずに私は年中体調不良でしたが、
昨年は、このライフスタイルに徐々に変更し、睡眠時間をたっぷり取ることで、体調を崩すことがなくなりました。

おかしいな、と思っても、子どもと眠り8~9時間くらい眠れば、大抵は回復しています。

いかがでしたでしょうか。

早寝するためには、とにかく眠るまでは大忙しです。
お迎え→夕食の準備→食事→お風呂・片付け・・・。

これらをいかに、早く終わらせるか、何をどの順番でやれば、目標時間に終了するのか・・・。
家事も仕事と同じだと思っています。
共働きの人なら、タイムマネジメントは得意ではないでしょうか。

我が家の場合は、夫が家事を私以上にやってくれていて、夫婦2人で手早く家事を終わらせます。
(夫だけ・・・?)

家事の途中で子どもや夫婦とよく話していますし、子供と遊んだりすることもあります。

ただ、うちではテレビを全くつけません。
そもそも、リビングにテレビを置いていません。
今の家具の配置では、素敵にテレビ置く場所がないので。

また、年長の子どもでも、テレビを見ながら何かをするのは難しいようです。
大人であれば、テレビを見ながらでも食事を短時間で終わらせることができます。
しかし、うちの子どもの場合は、テレビ番組を見ながら食事をすると、ダラダラ食べて遅くなりますし、こぼす量も増えるように思います。
(パソコンで見ることができるオンデマンドなどのテレビ番組を食事中につけることがあります)

今後も、夫婦で色々な工夫をしながら、共働き育児を楽しんでいきたいと思います。

(文:おにぎりん妻)

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!