洗濯物をたたむ時間を短縮したい

洗ってはたたみ、
使って洗ってはまたたたむ。

この繰り返し。

そういうものですから当然といえば当然なのですが、
洗濯物をたたみながら時々イライラすることがあります。

洗濯物(タオル+lion)
時間がゆっくりある日にたたむのは、
何だか黙々と進める作業でよいのですが、
共働き家庭の平日には厄介な時間です。

一生懸命たたんでも、
すぐに着たり、使ったり。
数日後にはまた同じ衣類をたたんでいます。

・・・むぅ。
たたむ時間を短縮はできないか。

一人暮らしの時は、
部屋に干しているものを直接使っていましたし、
部屋に干してあっても気にもなりませんでした。

でも、家庭を持つとそうはいかないものですね。

奥さんの思想の影響もあると思いますが、
今では部屋に干すと部屋が散らかって見えて、
いまいちな気分になるのです。

家では気持ち良い状態で過ごしたい、
そう思って洗濯物をたたむようにしているのですが、
このたたんでいる時間、どうにかならないものでしょうかね。

色々と策を講じてみてはいるのです。
時間短縮に効果があったのは下の2案

1) 所定の場所に戻さない (取り込み用かごに入れたまま)
出来上がった洗濯物を取り込む時に使うかごがあるのですが、
そのかごに入っているものを優先して使う。
①たたまない+②戻さない(=かごに入れたまま使う)

2) 所定の場所に戻すけど、たたまない
そう、たたまなければいいのです。
①たたまない、のみ(引出や棚には戻すが、ただ放り込むだけ)

でも残念なことに、
これらの対策には欠点がありました。

使う時、探すのが面倒であるということ。
そして、見た目に美しくないこと。

使いやすく収まっていてかつ、
短時間でたためる方法ってないものでしょうかね。

今のところ、
全ての要求を満足するのは難しそうです。

時間を捻出するのは楽ではありませんね。
思考錯誤の日々は続きます。
日々精進です。

文:夫

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!