マツダ アテンザの魅力について語りたい

夫です。完全に趣味の話です。

車の好きな私にとって、ここ最近ずっと気になる存在なのが、「マツダ アテンザ」。

既にデビューしてからマイナーチェンジを受けている車体のため、今更な感じもしないでもないですが、マイナーチェンジを受けてからのデザインは正に秀逸の一言。現在の国産車でこの車を超えるデザインは今のところないんじゃないかと思います。

マツダ アテンザ
マツダのHPから引用


マツダ魂動デザイン一発目の市販モデルだったと思いますが、コンセプトモデルにかなり近いデザインのまま市販化された衝撃的な1台でした。
私がこのデザインの最も気に入っているのは、シンプルなラインで構成されていて、無駄なラインがまったくないことです。それでいてあの張り出し感、ボリューム感。
デザイン全体を見ていても、疑問に思うようなラインがありません。魂動デザインはアテンザが最もフィットしていると思います。同じマツダでもアクセラには同じ気持ちにはなれません。あれはあれでカッコイイとは思いますが、車体のラインとサイズ感に若干の違和感を感じて、ちょっと惜しい感じです。

このアテンザ、ワゴンとセダンの設定があってどちらか迷うところです。セダンもワゴンも双方に良いところがあり、かなり甲乙付けがたいのです。ワゴン車の中では最も良い車だと思いますが、私的にはセダンの方が好みです。マツダのHPに360°VIEWがありますが、斜め前から見た際のテールまでの流れ方、まるでクーペかのような美しさ。眺めながらご飯が3杯くらい食べられそうです。

エクステリアがずば抜けていると感じるこの車、実はインテリアも秀逸だと思います。無駄がない。高級感の演出といいますか、木目をふんだんに使ったりとか、色んなボタンがあったりとかはないので、そういう部分に嬉しさを感じる方には物足りないと感じるのかもしれませんが、必要なものを必要な位置に配置して、極力シンプルなインテリア。そのシンプルな造形に使いやすさと美しさが同居している雰囲気があって魅力的に感じます。

そこにきてこの車、ディーゼルの設定があるのと、MTの設定がある点も見逃せません。今やマツダのフラッグシップとも言える車体であるにも関わらず、運転、操る楽しさを残そうとした点はやはり意気に感じます。ディーゼルのトルク感を味わいながら、車を操る、操作する楽しさも同時に味わえる貴重な1台です。今やエコ車の代名詞となっているハイブリット、そこに楽しさなんて求めようもない車が多い中で、独自のエコと車のあり方を示しているマツダの存在は頼もしい。

あとは価格。ここが折り合うかどうかですよね、購入者からすれば。400万する車体を安いと考えるか、高いと考えるか。私は安いと思います。海外メーカー製でアテンザレベルの車を日本国内で購入しようとすると、700万くらいするんじゃないでしょうか。それを考えると車体のデザインだけでもそれだけの価値があると考えます。日本製を日本で買うからこの価格だと思うのです。あとの問題は、生活レベル的に購入してもまともに生活できるかどうかだけです。

最近でこそ楽しそうな車が出てきているような気がしますが、こういう車がもっと増えてくれれば嬉しいと思うのですがね。社会情勢や燃費競争、車社会を取り巻く問題は複雑ですから、買いたい車がある時が重要な買いのタイミングなんではないでしょうか。

error: Content is protected !!