都会で子育てする良さを実感中

今は、人口密度が高い(日本で上位30以内の地域)都会に住んでいます。夫は職場まで近くて、子どもの小学校も近くです(徒歩圏内)。

子どもが小学校へ入学する前に住宅ローンを完済した、住み心地のよい分譲マンションを所有しています。子供の大学費用も貯めました。

そして、保育園の卒園と同時に正社員を退職して、現在子育て・妻業・主婦業を満喫しています。

都会に住んでいる+時間があるので、都会と田舎の両方の良さをバランスよく家族で味わえる、これって最高です。

平日に私が家事を始めとする用事を片づけておくことで、週末にたっぷりと家族で過ごす時間が取れるので、週末にあちこちと色んな田舎へ日帰りや泊りで出かけることができます。夏休みや冬休みも、田舎へ行く時間がたくさんあります。

フルタイム共働き+核家族+子育てをしていたときは、週末は平日できなかった家事・用事を片づける時間が必要だったので、もし週末にたっぷり遊べば、平日にその分を片づける、といういつもより時間に追われた生活になっていました。

また、一方で小学校と夫の仕事がある平日は、都会に住み文化的な生活を楽しめます。

現在、図書館にほぼ毎日行って、眺めの良い気持ちの良い自宅でお茶しながら本を読んだり、布団を干したり、洗濯を晴れた日中にできたり、部屋の片づけ・整理整頓をしたり、部屋のインテリアを考えたり、子どものおやつを手作りしたり仕事は自宅でやり、その量は自分で調節しています、こんな生活が私にとっては最高です。

今住んでいる地域の良いところを挙げてみます。
都会で子育てする良さ

・日々の買い物が便利。スーパーが徒歩5分圏内に5つ以上ある。

図書館まで徒歩5分(毎日いける)。

保育所、小学校、中学校が徒歩10分圏内。

・保育所や小学校の数が多い

子どもの習い事が徒歩圏内に多数(音楽系・スポーツ系・勉強系・語学系など多種多様。もちろん大人の習い事も)

中程度の公園(野球・サッカーができるグラウンドあり)が、徒歩圏内に3つ。小さい公園を合わせれば、徒歩5分以内に5つ以上。

非常に大きな公園(森がある)が自転車15分以内に2つ以上ある。

役所・消防署・警察署などが徒歩5分以内。

・徒歩10分圏内に病院多数。

地下鉄・私鉄の駅まで徒歩10分以内。

・都会ならではの公共施設博物館・美術館・子どもの科学館ななど)まで電車30分圏内に多数。

・都会ならではのイベントが多数(私が子どものとき田舎では経験できなかったような)。

大型ホームセンターが徒歩5分以内。

巨大ショッピングモールも自転車圏内(何でも揃う)。

アウトレットモールが自転車県内

・マンション住民の感じが良い

・マンションの管理が行き届いている(外観も良い)。

・マンション周辺はとても静かな住宅街だが、人通りはそこそこある。

・マンションの部屋からの眺望がとても良い(山が見えるし、夜景も綺麗)。

・マンションの風通しが抜群に良い

害虫がほとんどいない。

空港や新幹線の駅まで、電車で40分以内。

レンタカーショップまで徒歩10分以内。

学習塾がたくさん(いかないと思うけど)。

国立大学・公立大学が電車で1時間以内に5つ以上。

仕事に困らない(企業・店舗などが働くところが多数)

子どもが生まれる数年前に購入したので、子どものことを考えて選んだマンションではありません。出産・子育てについて当時は考えたこともなく、核家族+都会+フルタイム共働き+子育ての生活について、想像も及びませんでした。

たまたま子育てに必要な様々な条件を満たしていることに、今さらながら気づいてきました。

最近は、田舎へ住みたい願望が少なくなってきています。

都会に住み、週末や春休み・夏休み・冬休みに田舎へ出かけて、デイキャンプしたり、宿泊(キャンプ・コテージ泊)したり、そういうスタイルでの子育てをしていこうと思い始めています。

さて、今日は子どもと何をしようかな~。

まずは、日中に布団を干そう!。平日の昼間に布団を太陽に当てられるのが嬉しいな
大好きなんです。お日様をたっぷり浴びた布団のにおい。

週末は、洗濯物がたくさんあって、布団を干すスペースがベランダにありませんでした。そのため、もっぱらこの布団乾燥機に頼っていました。

パナソニック ふとん乾燥機 
パナソニック ふとん乾燥機 マットタイプ ブルー FD-F06A6-A

昼間にやればすむことを、フルタイム共働き+核家族で時間がなく、大量の電気を使うことで解決していました。地球温暖化を助長していますよね。

でも、今は太陽が高い間に布団が干せます。できるだけ電気などのエネルギーを使わないエコな暮らしやりたかったんです。

子育て+フルタイム共働き+核家族は、生活が時間に追われずぎている、と思います。6年くらいやってきましたが。

職場に行けば、同じような人が何人もいるので、こういう(時間に追われた)生活はいまどき普通なんだ、と感覚がマヒしてしまいがちです。

でも、時間的に余裕のある生活を望む人には、フルタイム同士の都会の共働き生活は苦しいことでしょう(私がそうでした)。

パートタイム・在宅勤務・短時間勤務・週3日程度の出勤など、ある程度は時間に余裕がある働き方は選択肢としてあり、だと思います。

我が家の場合は、子どもの大学費用だけで7ケタは貯まりましたし、住宅ローンも完済した持家を所有しています。その他として、投資信託なども所有しています。

これからは家賃やローンを払う必要がないので、安定した正社員という身分同士の夫婦共働きである必要もありません。もし、ローン>貯金額なら、資産0(むしろ負債もち)と同じことなので、私は仕事は辞めませんね・・。最近、妻の私が在宅で仕事を始めました。夫が元気なうちは、仕事を始める緊急性はないのですが、リスクヘッジのためですね。

在宅での仕事は、最初は収入が不安定でしょうから、住宅ローンなどがある場合は、なかなか精神的に踏み出すのが難しいかもしれません。確実に稼げる正社員やパートなどとは違いますしね。

いざとなったら、また働けるというのが都会に住む大きなメリットの1つです。

田舎に住んでいると、仕事をしなければならなくなったときに仕事をすぐに見つけるのが難しいでしょう。例えば、保育士・看護師・薬剤師などの資格をもつ奥さん(旦那さん)は、都会ならいつでも復帰できる可能性が高いので、子どもが小学校時代は専業主婦(主夫)をやる、という選択をしやすいです。

田舎だと働く場所が少ないので(人口が少ないので需要も少ない)、パートを見つけるのにも苦労するかもしれません。

また、夫に何かあって、母子家庭になったとしても、田舎だと買い物も病院も大変だと思いますが、都会なら自転車か徒歩ですぐに用事が片付きます

利用できる公共の施設や自治体のサポートも都会だからたくさんあります。母子家庭でもなんとか乗り切れる自信があります。

車の運転をしたくない私には、生活に車が必要な田舎に住むことは難しいです。

夫が元気なうちは、田舎に住むのも良いことがたくさんあると思いますけどね。もし夫が転勤で田舎へ異動になったら、家族で喜んでついていきます

夫が転勤になった場合、今のローン完済済みのマンションは、売却・賃貸に出さずに所有し続けます。いつでもこのマンションに住めるようにしておこうと思っています。ここなら、転職先もたくさんあるでしょう。マンションの維持費用は、管理費用と固定資産税しかかかりませんし。このマンションは、24時間換気システムがついているので、無人でも自動的に換気されますし。

年を取ったら、田舎より都会の方が住みやすいと思いますから。もし子どもが結婚して人手が必要になったら、助けに行ってあげられます。また、夫が先に逝ってしまっても、都会なら私1人でも生活に困らないし、子どもとも会いやすいだろうと思います。

実際に、この地域は、子育て世帯だけでなく、道やスーパーでお年寄りをたくさん見かけます。だから、お年寄りにも住みやすいんだろうと思います。

次にもしマンションを買うならどこにしようかな~、どんな間取りにしようかな~?という話は夫とよくします。と言っても、このエリアの近辺でですが(笑)。よくこの地域の中古マンション・新築マンションの広告がポストに入っているので、間取りを眺めて楽しんでいます。

今住んでいるマンションの部屋以上に間取りも立地も気に入るところは見つかっていませんので、今がマンションがとても気に入っている、ということだと思います。

前の職場の人が、お茶しよう、とか、ごはん食べにいこう、と時々誘ってくれていたのですが、たいていお断りしていました(相手にもよりますが)。私は自宅が一番好きだというのが大きい理由です。夫も同じことを言っていますが、夫は同期や上司とよく飲み会に行っています。場が楽しいらしく、それなら良いことだと思います。

何より静かで落ち着くし、窓からの眺めも最高だし、周りに座っている人を気にしなくていいし、好きな音楽をかけられるし、電車に乗って行く必要もないし。人ごみをかき分けて出かけてまで、わざわざ外で人に会いたいとまでは思わないんです。

外食やカフェを好む人、というのは、自宅の居心地が良くないからではないでしょうか。また、独身や単身赴任(一人暮らしで)1人で寂しいとか、部屋が片付いていない・狭い・うるさい・眺めが悪いなど・・。

そういえば、職場にもいました。共働きの奥さんの出張が多くて、夕食を一緒に食べることがほとんどない人。よく職場の人と飲みに行っていました(子どもはいない夫婦)。自分では夕食を作らないそうです。都会なら、食べるところはたくさんあるので、食事や一緒に食べる人は困らないんでしょうね・・・。

error: Content is protected !!