子どもに自分の部屋を片づけさせる必要はないと思う。

子どもに自分の部屋を片づけさせる必要はないと思う

私は、子どもの頃に「片付けなさい」と言われた記憶がありません。母が掃除と整理整頓をしていました。親に片づけを教えてもらったこともありません。

でも、今は片づけは得意なほうだと思います。模様替えも大好きです。片付いた部屋が好きです。

職場のロッカーには必要最小限のモノだけですっきり。デスクの上も引き出しの中もすっきりさせていました。

女性でも、ロッカーの中や引出の中がびっくりするほど汚い人がいました。(彼女たちは、たいていのことがよくない方向へ進んでいる印象を受けました。)

片づけのうまさは、男女は関係ないと思います。むしろ(理系の)男性は整理整頓が身についている人が多かったです。

人の部屋に入る機会が多い不動産関係の仕事をしている人に聞いたことがあります。究極的に汚い部屋に住んでいるのは、圧倒的に女性の方が多いそうです。

思い返してみると、私の場合は、大学入学と同時に1人暮らしを始めてから、自分で片づけるようになりました。

特に彼氏が部屋へ来る前は、それは一生懸命、片づけと掃除を徹底的にやっていました(笑)。

幼児や小学生の子どもに片づけさせなくても、親が毎日部屋をきれいにしていれば、片付いた状態が普通であると思うでしょう(私がそうでした)。

片付いたすっきりした部屋でなければ居心地が悪くなり、いずれは自発的に片づけるときがくるだろうと思っています。(少なくとも私はそうです)。

自発的に片づけをするようになる時が、大人になった時でも何ら問題ありません。

どうせ、学校や習い事で片づけや整理整頓のことを指導される機会も多々あるでしょう。

だから、幼児や小学校低学年の子どもに、片づけを自発的にやらせるように家庭で教育する必要はないと思います。

近年のダンシャリ・捨てるブームが低年齢化しているのか、幼児や低学年の子どもに片づけさせるのがブームのようですが・・。

片づけのために、子どもが小さいうちに親子の時間とエネルギーを使うよりも、一緒に遊んだり勉強したりするほうが、ずっと楽しい時間の使い方だと思いますね。散らかってても良いではないですか。できる時に親が片づければ。

時々、一緒に片づけをやって片づけのコツを少しずつ伝授すればもう十分過ぎるほどだと考えています。

一方、私の母は、モノが多い実家が嫌で、結婚後の新居では、好きなだけ片づけていたと言っていました。確かに、いつもきれいな家でした。母の場合は、自分の親(私の祖母)が反面教師になっていたんです。

極論すれば、片づけなんてできようができまいが、どうでも良いことです。

綺麗な部屋が居心地が良ければ、モノを減らして片づければいいし、ちょっと散らかった部屋の方が落ち着くのなら、それで良いではないか、と思います。

問題なのは、自分が居心地の良い状態を作れないことです。
この状態が最もストレスがたまり、気持ちよく暮らせません

・片付いた部屋に住みたいのに、片づけられない(時間がないなど)。
・ほどよく散らかった部屋が好きなのに、家族が片づけてすっきり整理整頓してしまう。

このどちらも問題です。

わが子が、自分の部屋の状態の好みを認識するのは、大人になってからでしょう。また好みも変化していくものです。

そのときに、自分自身が居心地の良い空間を作れる能力は、子供のときに片づけを教え込むことでは身につかないと思います。

自分が自分のことを理解する能力結婚したなら相手と好みを話し合い、譲歩し合う能力が、まず大前提にあると思います。

・実家が汚かった ⇒ 今は散らかった方が落ち着く人
・実家が綺麗だった⇒ 今は散らかった方が落ち着く人
・実家が汚かった ⇒ 今はすっきりした方が落ち着く人
・実家が綺麗だった⇒ 今もすっきりした方が落ち着く人

実家がどうであれ、散らかった空間が落ち着く人もいるので、片づけの教育は不要と思っています。

実際にそういう人を複数知っています(男性に多い印象。男性が多い環境だったからかもしれません。)。そういう人の能力やプライベートが特段悪い、という印象もありませんしね。

だから、子どもが片づけない!ときーっとならずにお母さんとお父さんがしてあげれば良いですよ。その方が早いし、子どももそれを見て片づけの方法を学習するし、綺麗な部屋が気持ちが良い、と感じるかもしれませんしね。

error: Content is protected !!