男の子の本当に響く叱り方ほめ方

今、「男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方」を読み終わりました。

内容紹介


なぜ、息子は私の言うことをちっとも聞かないのだろう。何度ダメと言ってもやめない・ちゃんとしろと言ってもしないのだろう…。

それは男の子の心に「本当に響く」言葉をかけていないから。

「またお母さんの小言が始まった」と聞き流されるだけ。どんな言葉をかければ、男の子が言うことを聞くのか。どんなふうに関われば、男の子が変わるのか……。

3人の息子を持ち、自身も3兄弟の長男で、高校生の頃から「キャンプのお兄さん」で男子とがっつり関わってきた元保育士の著者が、その方法をみっちり伝授します!

著者について


大阪教育大学教育学部 准教授。元保育士。1968年兵庫県生まれ。

兵庫県西宮市公立保育所初の男性保育士として12年間子どもたちと向き合う。
その間には、3人の子の父親として育児休暇を3回取得。
保育士時代の経験はもちろんのこと、3人の子は全員息子自身も3兄弟の長男で、高校生の頃から青少年活動(いわゆるキャンプのお兄さん)で小学生男子ともどっぷり関わってきた「男の子のプロ」。

本書で男の子育児のコツをあまさず披露。
NHK Eテレ『すくすく子育て』他、テレビや新聞、雑誌等でも活躍中。年間60回ほどの講演は笑いあふれる子育て漫談で、関西を中心に絶大な人気がある。NPO法人ファザーリング・ジャパン顧問。
著書に『わが家の子育てパパしだい! ─10歳までのかかわり方』(旬報社)、共著に『新しいパパの教科書』(学研)他。


面白かったです。

男児を育てている私にとっては、息子の数々の不可解な行動に関して「あるある!」と同意できる内容がほとんどでした。

他の男児も似ているんだな~と面白く読めました。

挿絵や最初にある4コマ漫画も、面白い。

不思議な行動の裏側にある男の子の気持ちの解説が、おもしろくて、笑えます。子どもを観察しながら、この本の内容を思い出すとやっぱり笑けます。

年齢別男の子の特徴の解説部分から。

◆0歳・・・まだまだ可愛らしい時期

たしかに、可愛かったな~。5か月頃までおとなしかったし。

うちの息子は、生後5か月で立ち上がり、6ヶ月はバタバタと歩き初めて、10か月のときには、外で走っていて(それまでは厚めの靴下で公園を歩きました。サイズが合う靴が見つかりませんでしたから・・・。)、待合室で走る息子を見た小児科医が「えっ!?まだ0歳10か月なんですか・・・?」と驚くほど、走るまでの期間が早かったです。ちなみに、私も歩き出したのが生後5~6ヶ月だったそうですので、たぶん遺伝ですね。

夫の実家に10か月頃に帰省する際に、夫が電話をかけて

夫 「床、片づけといて。○(子どもの名前)が走り回って危ないから」

義母「1歳にもなってないのに、歩くわけないやろ。」と一笑に付されたそうです。
でも、パタパタと0歳の息子が走る姿を見て、絶句。

義母&義父 「本当に走ってる」。

夫 「だから、片づけといてって言ったでしょ」

義母&義父 「・・・。」と急いで片づけてくれました。

一方、言葉が出るのは、私よりはずっとずっと遅かったので(1年くらいの差があったと思います。)、私の母がとても心配していました。

私自身は心配しませんでした。毎日顔を見ていて「そのうちしゃべるだろう」と思えましたので。しゃべりたそうな顔を息子はしていましたしね。

結局6歳になった今は、とてもよくしゃべる子どもに成長しています。

◆1歳・・・だんだん男子特有の動きに

たしかに。

今、1歳になりたての頃の写真・動画を見てみましたが、動きがたいぶ機敏になっています。また、感情表現も豊かになっていました。

◆2歳・・・ついに恐竜誕生!

「いや!!」と言い始めました。服も自分が気に入ったモノ以外は、着てくれなくなりました。

電車が大好きでした。毎日毎日電車の絵本ばかり読みました。何度も何度も繰り返し繰り返し・・・・・・・。

交通博物館へよく行きました。踏切を探して、わざわざ遠くまで見に行きました。

電車に乗れば、必ず先頭で運転手さんの手元(操作盤?)を見ていました。

新幹線にも乗りました。新幹線の速度が体感できるスポットまで出かけて、ず~っと新幹線を眺めていたこともあります。

◆3~4歳・・・いつも何かと戦っている

このころから、るろうに剣心・暴れん坊将軍を始めとする歴史映画、仮面ライダーやトッキュウジャーなどのヒーロー・戦隊モノの番組を見始めた頃もあり、とにかく戦っていました。

ヒーローの衣装にこだわり、自宅では仮面ライダーウィザードになりきるために、いつも私のスカーフを巻いてくれと要求していました。

そして、朝も晩もスカーフを巻きつけて、変身ポーズを決めて、戦っていました。

保育園から帰宅後に、夕食の支度をしているときに、スカーフがはずれたから巻き直してくれ、向き(スカーフの)がおかしいから直してくれ、ズボンの横に剣(棒)を差し込んでくれ・・。色々な要求をしてくれました。

帰宅した夫と戦いごっこを毎日していました。

そういえば、この頃は保育園には、グレーの服は絶対に来てくれませんでした。理由は、ウィザードに出てくる「グール」というワルモノがグレーだったからです・・・。

◆5~6歳・・・仲間を増やして相変わらず戦っている

カブトムシ vs クワガタ

忍者 vs 武士

剣心 vs ヒコセイジュウロウ(るろうに剣心)

○○ジャー vs ワルモノ

サメ vs ガイム(仮面ライダー)

・・・。

とにかく戦っています。
保育園では、毎日誰かと戦っていたらしいですし、帰宅後も毎日夫と戦っていました。夫がいなければ、見えない敵と戦いますし、私も時々ワルモノにされます。

キックや棒で叩かれると、そうとう痛いので、「こら!!ヒーローは、女の人と子どもを守らなあかんやろ!お母さんを守ってくれんと!」

子ども 「守ってるで!!でも、今はワルモンやも~ん♪やぁ!!とぅ!」

今も、自宅で、獣王イーグル(獣王ジャーのレッド)に変身して(毛布を翼にして、粘土で爪をつけて、鳥になっていますよ・・・。)、戦っています。

↑今このあたり。

◆7~8歳・・・意外と小学校でちゃんとやれている!?

↑今このあたり。

先日、家庭訪問があり、担任の先生から小学校での息子の様子を教えていただきました。印象に残ったのは、以下の2点です。

休み時間と授業の切り替えが、しっかりできている
(授業中になっても席につかなかったり、騒いだりする子どももいるそうです。)

持ち物の管理がしっかりできている。自分のモノが落ちたら、ちゃんと拾うしランドセルに入れている。
(自分の持ち物が床に落ちていても、放置する子どももたくさんいる時期らしいです。逆に驚きました。小1では、消しゴムや鉛筆が床に散らばっている状態はよくあることなんだそうです。)

ということを教えていただきました。ちょっと安心した母でした。

戦いは続いています・・・。

◆9~12歳・・・一番おバカな頃(地上最強のアホ男子軍団の成立)

ええ~!!。この頃からやっと落ち着いてくれるのかとおもいきや、一番おバカな頃だとは・・・。

まだまだ続くんですね、こんな感じが!!

10歳を過ぎても、まだまだこの男児特有のこの感じが続くんだ、ということを知っただけでも、十分価値がありましたね。
心づもりができましたから。

男の子の本当に響く叱り方ほめ方 [ 小崎恭弘 ](楽天ブックスはこちら)

error: Content is protected !!