小1男子におすすめな映画「ヒックとドラゴン」

by カエレバ

先日の休日に、この映画を家族で見ました。
我が家は、Amazonプライム会員なので、無料で鑑賞しました。

ヒックとドラゴンの1シーン

以下、Amazonの内容紹介から引用します。

ひ弱なバイキングの少年ヒックはいつも失敗ばかり。ドラゴンを倒し早く一人前のバイキングになりたいと願う日々だったが、ひょんなことから伝説のドラゴン・トゥースと仲良くなってしまう。バイキングとしての使命と自分の信念の間で揺れ動くヒック。悩みぬいた末に下した決断は、「信じる」ということ。自分を、ドラゴンを、そして未来を。 小さな体に秘めた大きな勇気。信じていれば、世界だって変えられる!今、ヒックとトゥースの壮大な冒険が始まる

内容紹介


親子の絆、友情、そして未来を切り開く勇気とパワー
子供も大人も楽しめる、感動のファンタジー超大作!
少年はドラゴンに「翼」をあたえ、ドラゴンは少年に「勇気」をあたえた──

<キャスト(声の出演)&スタッフ>
ヒック…ジェイ・バルチェル(田谷 隼)
ストイック…ジェラルド・バトラー(田中正彦)
アスティ…アメリカ・フェレーラ(寿 美菜子)
ゲップ…クレイグ・ファーガソン(岩崎ひろし)
スノット…ジョナ・ヒル(淺井孝行)
タフ…T.J.ミラー(南部雅一)
ラフ…クリステン・ウィグ (村田志織)
フィッシュ…クリストファー・ミンツ=プラッセ(宮里 駿)

監督・脚本:クリス・サンダース/ディーン・デュボア
製作:ボニー・アーノルド
製作総指揮:クリスティン・ベルソン/ティム・ジョンソン
原作:クレシーダ・コーウエル
脚本:ウィル・デイヴィス
音楽:ジョン・パウエル
●字幕翻訳:桜井裕子 ●吹替翻訳:岸田恵子

<ストーリー>
ヒックは年若きバイキング。彼が友達になったのはいまわしき宿敵、凶暴なドラゴンだった。ドラゴンをトゥースと名づけるヒック。およそヒーローとはいいがたいヒックとトゥースだが自分たちの住む世界を守るため、困難をものともせず、いま共に立ち上がる。

<ポイント>
●あの『リロ&スティッチ』の監督が贈る、子供も大人も楽しめる、感動のファンタジー超大作!
●優しい心と強い気持ち、信じることの大切さ、ヒックとトゥースの奇跡の友情──親子の絆や友情の大切さを描いた泣ける感動作
●アニメーションの常識を覆すリアルな感動がここにある

<特典>
●バイキングを演じた俳優たち
●ドラゴンが生まれるまで
●クリス・サンダース&ディーン・デュボア(監督・共同脚本)、ボニー・アーノルド(製作)による音声解説
●隠しコマンド
-予告編集:「メガマインド」「シュレック フォーエバー」「ゲーム『ヒックとドラゴン』」

内容(「Oricon」データベースより)


族長の息子でありながらいつも失敗ばかりしているひ弱なバイキングの少年ヒックは、ドラゴンを倒し早く一人前のバイキングになりたいと日々願っていたが、ひょんなことから伝説のドラゴン・トゥースと仲良くなってしまう。「リロ&スティッチ」の監督が贈る、親子の絆、友情、未来を切り開く勇気を描いたファンタジー・アドベンチャー。

いや~。面白かったです。

冒険ファンタジーで、男の子が主人公なので、小学校低学年~中学年の男子には、ぴったりだと思います。音楽も映像も脚本も、素晴らしいですね。

夫も私も一緒に見たのですが、大人も十分楽しめる映画でした。

友情・冒険・親子の絆という小学生男子にとって、大切なテーマはもちろん、未来を自分で切り開け、戦って勝つ以外の選択肢もあるんだ、という重要なメッセージが入っているような気がして、その点が特に子どもに世の中捨てたもんじゃないということを教えてくれる映画だと思いました。

続きが見たいと思って調べると、DVDがありました。

原作の本(児童書)があるらしく、読んでみたくなりました。
小2か小3の夏休みに読むとちょうど良いな~と思います。

ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))

クレシッダ コーウェル 小峰書店 2009-11
売り上げランキング : 48590

by ヨメレバ

ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))

ヒックとドラゴン〈2〉深海の秘宝 (How to Train Your Dragon (Japanese))

ヒックとドラゴン〈3〉天牢の女海賊 (How to Train Your Dragon (Japanese))

ヒックとドラゴン〈4〉氷海の呪い (How to Train Your Dragon (Japanese))

ヒックとドラゴン〈5〉灼熱の予言 (How to Train Your Dragon (Japanese))

ヒックとドラゴン〈6〉迷宮の図書館 (How to Train Your Dragon (Japanese))

ヒックとドラゴン〈7〉復讐の航海 (How to Train Your Dragon)

ヒックとドラゴン〈8〉樹海の決戦 (How to Train Your Dragon (Japanese))

ヒックとドラゴン〈9〉運命の秘剣

砂漠の宝石 (ヒックとドラゴン (10))

孤独な英雄 (ヒックとドラゴン)

ヒックとドラゴン外伝―トゥースレス大騒動

「ヒックとドラゴン」シリーズには、色々なドラゴンが出てきます。姿・色・性格など全部違っていて面白いです。

このシリーズの中の副読本的扱いで「ドラゴン大図鑑 (ヒックとドラゴン)」もありました。

子どもに教えると「ほしい~!!」と言っていましたので、夏休みにこのシリーズの本を読むときに、ついでに買おうかなと思っています。

ドラゴン大図鑑 (ヒックとドラゴン)

次の日は、公園の草原で木陰に寝転がって、この絵を描いていました。
右上の青紫色が主役のドラゴンです。
ヒックとドラゴンのナイトヒューリー(ドラゴン)を描いた(小1の5月)

平日のうちに、週末の天気が悪いときのために、子どもと鑑賞して面白そうな映画をAmazonプライムから、いくつか選んでいます。

Amazonプライムとは、年間3,900円(税込)(年会費)で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで、無制限に使えるほか、日本映画・海外映画・日本のテレビ番組・ドラマ・海外ドラマや、音楽などを無料で視聴できるなど、様々な特典を受けられる会員制プログラムです。

フルタイム共働きの時から利用しています。コスパがとっても良いので、おススメのサービスです。

error: Content is protected !!