3歳児の海水浴(7月) ~過去日記より~

子どもが3歳の頃の日記です。


3連休の最終日。祖父母宅にて。

昨日は、川遊びをした後、夫家族と一緒に外食をして、寝るのが遅くなりました(22時過ぎ!!)。今日は、子どもがとても楽しみにしている日曜朝のテレビ番組(仮面ライダーウィザード)が始まる8時に子どもを起こしました。

前日は、「明日は自分で起きてね」と一応は言ってみましたが、夫実家のため興奮していて、いつもより遅い就寝だったので、結局朝は私が起こしてしまいました。一日を楽しく始めてほしかったので、今日は起こしてあげても良いかなと思いました(普段は起こしません)。

海水浴をするために、隣県まで出かけました。
目的地は、水質がとても良い、駐車場・シャワー完備の人工海水浴場です。

サメ対策用のネットの手前に、大きな浮島(飛び込み台?)がありました。

子どもが「そこまで行ってみたい」というので、
子どもを小さなゴムボート(足を下に出せる幼児用)につかまらせて、夫が連れて行ってくれました。砂浜まで戻ってくるときに、ふざけていて、ゴムボートがくるりんと転覆して、頭が海に入ってしまいました!!

転覆して次の一瞬で、夫が助けて頭は海水から出ましたが、子どもは少し海が怖くなってしまったようです (追記: 4歳・5歳のときも海水浴へ行きましたが、海は大好きのようでほっとしました。)。

砂浜に戻ってきてからは、波打ち際で、何度も何度も(100回くらい)、バケツに水を汲んでは、砂浜に作った穴に海水を流し込む、という作業をしていました・・・。

3歳児の海水浴(7月)
海水をくんでくる→ じゃ~っと海水を流す →海水をくんでくる → 流す→ 海水をくんでくる・・・・・

海水が砂にしみこんだり、砂で作った穴や山や川の形が、どんどん変わっていく様子が面白かったのでしょうか。

とにかく、子どもは、炎天下で1時間くらいそのようなことをしていました(時々は、日かげに入れたり、水をかけて体を冷やしたり、水を飲ませたり気を使いました。)。

私は、穴を二つ作って、そこを結ぶ川を作ってみると、子どもがその川に海水を流しました。私が途中に山を作ってみたりすると、子どもがその山に海水をかけました。

3~5歳くらいの子は、本当に水遊びとか砂遊びが大好きですよね。海水浴へ行けば、海水はじゃんじゃん使って遊べるし、砂もたくさんあって、遊びたい放題です。公園の砂場よりも広いし、濡れても・砂だらけになっても大丈夫。このくらいの子どもにとっては、海の波打ち際は、夏の最高の遊び場かな♪と思います。

簡単に持参した昼食(おにぎり・ゆで卵・おかき類)を食べて、午後もしばらく遊んだ後、夫の実家へ帰宅しました。

とても楽しかったです。真夏に日に何時間も当たって、体は心地よく疲れましたが、心がリフレッシュできた気がします。

夏に自然の中で、過ごすのは、暑いし不便だけれども、面白いことがたくさんありますね~。

今は都会の住宅街にすんでいるので、週末や連休は、できるだけ自然に触れさせる機会を作ってあげたいと思っています。


夏場は、海水浴・温泉・潮干狩り・磯遊びなど海でできることがた~っくさん。
今年は、どこに海へ行こうかな♪

error: Content is protected !!