小学校低学年向きのクリスマスプレゼントとは?

小学校低学年向きのクリスマスプレゼントとは?
毎年11月中には、子どものクリスマスプレゼントをゲットします。
12月に入ると、ネット購入・リアル購入ともに品薄になりますので・・。

幼児期や児童期の子どもへのクリスマスプレゼントと言えば、おもちゃと考える人も少なくないとは思いますが・・・

今年は、文房具や本などの学用品にしようかな?と思っています。

サンタさんからも、勉強を応援されてるね♪感を出そうかな、と(笑)。

小学校低学年(男子色が強いです)にぴったりの素敵な文房具を探しています。ご参考になればうれしいです。

小学1年生の子どもへのクリスマスプレゼント
親目線で欲しいものランキング

1.色鉛筆

by カエレバ

我が家の色鉛筆(60色)は、かなり使い込んでいて、よく使う色鉛筆は何度も買い足しています。全体的にかなりちびってきているので、この色鉛筆を第一候補に入れました。

色鉛筆の種類としては、36色が幼児や低学年の子どもにはちょうど良いかな~と経験から思います。60色を使いこなしてはいません。もちろん全色を使ってはいますが、使いこなしているわけではありません(汗)。36色くらいがベストかな、と。

また、この色鉛筆の素晴らしいところは、色鉛筆を単品買いできるところです。特定の色だけ減ることがよくありますが、単品で買い足せない場合は、他の色で代用せざるを得なくなってしまいます。それが理由で、思い通りの仕上がりにならず、絵を描くことを楽しめないという状態は避けたいので。

うちの場合は、持てないほど短くなると「この色買って!!」とよく怒っていました。60色もあると、同じ色の単品買いが難しいんですよね。きちんとしたメーカー品なら、色番号で管理されているのかもしれませんが、そういう品ではなかったので・・。似たような色を探して、子どもに与えると「この色とちゃう!」と怒ります。同じ色に大人には見えても、子どもには、はっきり違った色だと認識しているのです。2本を塗り比べて主張する子どもを思い出しました。そのときに確かにわずかな色味の違いがありました。子どもの色感覚をあなどってはいけません。

2.鉛筆

by カエレバ

いろんな色が混ざった三角鉛筆もありました。子どもが「どれにしようかな~♪」と選べる楽しみがありますね。

by カエレバ

こんな国旗の模様の三角鉛筆もありました。オリンピック後に国旗に興味を持った子どもには良いと思います♪自然に外国の名前や国旗を覚えてくれるかも?

by カエレバ

何本あっても困らないのが、鉛筆。
我が家では、三角鉛筆を使用しています。小学校低学年は、正しい鉛筆の持ち方を身に着けるためです。

また、丸い鉛筆や六角鉛筆は、机の上をコロコロころがって、床に落ちやすいですが、三角鉛筆は転がりにくいと思います。

ですので、小学校低学年のうちは、三角鉛筆で2BかBときめています。色は子どもが好きな色を選ぶのが良いですよね。学習への意欲も高まるかもしれません。

3.ノート(自由帳・無地)

こんな子供っぽくないノートも良いな~。大人がもってもかっこいいノートです。私がほしいくらい。
96枚も紙があるしっかりしたノートです。B5なのでランドセルにも入ります。

by カエレバ

新幹線が好きならこんな自由帳のノートも良いかも。

by カエレバ

ドラゴンボールが好きならこんなのも。

by カエレバ

学校へ持っていけるサイズのノートにするなら、無地の自由帳が良いと思います。ふだんはキャラクターものは買いませんが、クリスマスプレゼントとしては、買ってもいいかなと思っています。

小学校中学年~高学年、中学生くらいになれば、こんな↓ノートも喜ぶかも♪
ノートと言うより、手帳かな。海賊が持っていそうな小さめで分厚いノートですが、日記帳やメモとしても使えますね。男の子が好きそう♪

by カエレバ

ノートというのは、その表紙そ装丁で気分がかなり変わりませんか。私はそうです。自分のノートや手帳を選ぶのは、楽しい時間です。

鉛筆とノートのセットに、サンタさんからもお手紙をつけてあげようかな~。

お絵かきが好きな子どもなら、そろそろクロッキー帳もおすすめです。

by カエレバ

特にLサイズのクロッキー帳は、356×268mmと大きめで、うちの子どもが小1になってから愛用しています。勉強用にもお絵かき用にも使っています。

4.鉛筆削り

アナログな手で回すタイプの鉛筆削りでは、厳しくなってきました。
毎日毎日、手が疲れます。

電動式のこんなシンプルな鉛筆削りもクリスマスプレゼントに良いな~!と思っています。

by カエレバ

小1の最初には、電動式を買わずに、鉛筆を削る大変さを知ってもらって、クリスマスには電動式鉛筆削りで感動してもらう、というのも良いな、と思っていました。

なんでも便利になっている世の中なので、あえて不便さを味わわせて、我慢させるのは親の仕事かな、と思っています。

5.実験キット

我が家は、学研の実験科学講座を受講中なのですが、こういう実験キットにも魅かれます。
楽しそうなんですもん。学研の講座にはなさそうなキットも良いな~と考えています。

by カエレバ

理系親としては、キットはなかなかうまく作られているものが多く、自分で準備するよりもずっと楽ちんだと思います。自分で準備する楽しみももちろんありますけどね。

by カエレバ

小学生がワクワクしそうな実験キットが探せば色々ありますね。

by カエレバ

こんなきれいな結晶ができるキットまで。親も楽しそう。

by カエレバ

6.学習漫画

最近は、毎日、児童書2,3冊を読も切るほどに文字になれてきたので、次は学習漫画を買ってみようかな、と。繰り返し読むだろうと思うこういう本(というかまんが)は、購入します。私も読みたいし。

今、気になっている漫画は、これ!
なんと、理科(実験)の学習漫画。実験で対決するという内容らしく、今、小学生に人気があるようですね。

by カエレバ

うちの子どもは、歴史も大好きなので、この歴史漫画も検討中。
新しい歴史漫画もたくさんありますが、私は昔ながらの絵のタッチのこれにしようと思っています。

by カエレバ

最近出版された学習漫画の多くは、どれも同じ顔に見えてしまいますが、この私が小学生時代にもすでにあったこのシリーズは、人物の違いがわかりやすく描かれていて、児童にぴったりです。

また、10巻くらいで日本史をまとめている歴史漫画シリーズもありますが、この学習漫画は23巻もあります。その分、細かいところまで踏み込んで描かれているのでストリーや人物に厚みを持たせることができています。

最初はプレゼントとして5巻くらい買ってみて、「もっとよみたい!」と子どもが言ったら、少しずつ買い足していくということもできますしね。

プレゼント選びって楽しいですね~♪

今年は、特にゆっくり選んでいるような気がします。
読んでいただいているかたの参考になれば、嬉しく思います。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!