1月7日は七草がゆ。子どもと春の七草を図鑑で見比べました。

1月7日に七草がゆを作って食べました。

正月明けの1月7日に七草がゆを食べる習慣は、平安時代から現在まで続いている季節の行事です。

七草がゆを食べる意味は、大きく2つあります。

・お正月のごちそうを食べ過ぎて疲れた胃腸を休めよう
(七草には整腸作用があり、冬に不足しがちな栄養素も補えます)

春の植物から力をもらおう

というねがいが込められているそうです。

本来は、野山へ摘みに行っていたと聞きますが、最近では「七草セット」がスーパーや八百屋さんで売られていますね。

我が家でも、このセットを購入しました。

七草を、図鑑を見ながら子どもに分類してもらいました。

七草を特定してみる子ども

春の七草は、せり・なずな・おぎょう(ははこぐさ)・はこべら・ほとけのざ・すずな(かぶ)・すずしろ(だいこん)です。まだ冬のうちにわかい葉をつんで食べるそうです。

子どもが分類することで、七草セットには、はこべらだけがどっさり入っていて、なずなが葉っぱ一枚だけ(かなり探しました)、ということがわかり、あまりの差に家族で大笑いしました。

子どもが見ている図鑑は、これです。

きせつの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

長谷川 康男 小学館 2007-02-23
売り上げランキング : 1993

by ヨメレバ

2~3歳頃から何度も子どもが見ていて、もうボロボロです・・・。

大人が見ても勉強になることがたくさんあります。

七草がゆの作り方も図鑑にしっかり書いてありました。とっても簡単です。
七草がゆを作りました

みんなで夕食のときにいただきました。

七草がゆ以外にも、揚げ物料理を作りましたが(汗)。

我が家での七草がゆは、春のパワーをいただく+季節の行事を楽しむ、という意味合いでも良いかな、と。

季節の行事を楽しむ家庭が減っていて、おせち料理を食べない家庭も3割くらい(数字は違うかも)ある、と新聞で読みました。

我が家では、できるだけ季節の行事を取り入れ、七草がゆについても、子どもが成長して出ていくまでは、簡単ですので、毎年作ろうと思っています。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!