学研の「親子で楽しむ科学実験講座」1月号(静電気びっくり実験)で遊びました。

今月も学研の「親子で楽しむ科学実験講座」が届きました。



毎月5日ごろに自宅に郵送されてきます。
何月からでも受講することができますよ♪

理科の通信教育ですね。

私 「実験講座がきたよ~!」

子ども 「おお~!やったぁ~!!実験できる!!」

実験講座が届くと、うちの子どもは大喜びです。

月額2000円で、親子で楽しめるし、理科の勉強にもなりますので、小学校低学年前後の子どもさんには、とってもおすすめです。

12か月分をまとめて講座を購入することもできるのですが、あえて毎月届くようにしました。

毎月届くようにすると、少しだけ割高なのですが(毎月の郵送料が必要だからでしょうね)、この「毎月届く」というところが子どもにとって良いな~と思っています。

また、毎月コースにすると、いつでも解約可能です。

私が小学生時代に、毎月「学研の科学」(名前が違うかも)という実験教材が届くのが楽しみだった記憶があるからです。

この「親子で楽しむ科学実験講座」では、毎月テーマが決まっています。小・中学生で学習する理科のテーマと良い感じで重複しています。

4月:大気圧のふしぎ実験

5月:食べ物びっくり実験

6月:電池・電気のおもしろ実験

7月:圧力とうずのふしぎ

8月:冷え冷え実験

9月:鏡を使って実験

10月:空気でびっくり実験

11月:磁石のひみつ

12月:音のふしぎ

1月:静電気実験

2月:振動のおもしろ実験

3月:磁石と電気のひみつ実験

今月は、静電気実験セットでした!

学研の「親子で楽しむ科学実験講座」1月号(静電気びっくり実験)で遊びました。1

これは、子どもが一人でキットを組み立てて準備したものです。
「すごい手」「魔法の玉」「ホイール」です。

その他実験に必要なものについても、子どもは説明書を読んで私に聞きながら、一人で家の中を走り回りながら準備していました(笑)。ティッシュペーパー・つまようじ・はさみ・えんぴつ・厚紙など。

冬場にバチッとくるのでおなじみの静電気の実験です。実験テーマも乾燥した季節に実験がしやすいぴったりの内容だなぁと感心しました。静電気は湿度の高い梅雨や夏場には、発生しにくいですからね。

準備が終わると、インターネットで実験ムービーを見たい、と子どもが言うので、パソコンで見せてあげました。

この「親子で楽しむ科学実験講座」は、実験キット+ガイドブック+説明書+ネットでムービー(実験のやり方+科学の世界の動画(毎月テーマが異なります))+受講生からの質問がついていて、毎月2000円です。安いと思います。

子どもは、私のPCでムービーを見たら、自分の部屋に走っていって、その後はひたすら実験をしていました。

子ども 「見て~!!!」を連発しながら(笑)

学研の「親子で楽しむ科学実験講座」1月号(静電気びっくり実験)で遊びました。2

これは「すごい手」に静電気を発生させて、魔法の玉に近づけると、中に入っている小さな粒が「すごい手」に引き寄せられていくという現象を何度もやっている様子です。

子ども 「うわ~!すごいなぁ!」

学研の「親子で楽しむ科学実験講座」1月号(静電気びっくり実験)で遊びました。3

これは、静電気を帯びた「すごい手」をホイールに近づけると、触っていないのにくるくると回転する実験です。

他にもいろいろな実験を楽しめるとってもお得な実験講座だとおもいます。

下の画像に講座の詳細ページへリンクをはりましたので、興味のある人は、チェックして見てくださいね。



error: Content is protected !!