金券ショップを利用した時の節約効果について

金券というのは、色々な種類があり、例えばデパートの商品券、航空券、JRの乗車券、図書券、コンサートのチケット、お米券、ビール券、Amazonギフト券、映画・施設の入場券などのチケットのことです。

金券ショップ(チケットショップ)では、このような金券が正規料金より必ず安く手に入ります。

大きな駅の周辺には金券ショップのお店があることが多いので、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

クレジットカードは使えず、現金のみの取り扱い、というところが多いですが、金券ショップを利用すれば、大きな節約効果が期待できます。

例えば、1000円の額面の商品券が950円~980円くらいで買えるのです。つまり、2~5%引きで購入しているのと同じ節約効果があります。

950円で購入した商品券であっても、商品券には1000円の価値がありますので、
1000円分の買い物をすることができます。

どこで何を購入するかを決めている場合は、買い物する前に駅で金券ショップに立ち寄って、商品券を購入すれば、2~5%の節約になりますよね。

例えば、百貨店で既に買うものが決まっている場合は、清算する前に、金券ショップへ行って、その百貨店の商品券を商品の価格分だけ買います。

実際にお店で購入して、商品券で清算すれば、金券ショップで安く買った分だけ節約できるのです♪

金券ショップでは、余った金券を売ることもできます。

最近は、ネットの金券ショップもあります。

特に大きな買い物をする場合は、5%でも大きな額になります。
10万円の5%は、5000円にもなります。

もしすべての商品で5%節約すると、年間200万円を使う場合に、10万円分も貯金に回せることになります。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!