今年はこたつを捨てました。

今年はこたつを捨てました。

秋冬のこたつが大好きです。

仕事が終わって、冷えた体が、こたつの中でぬくもってリラックスしますからね~♪

一人暮らしをしていた学生時代から、秋になるとこたつを出して、こたつの中でぬくぬくやっていました♪

子どもが生まれてからも、こたつを手放せませんでした。
少しの時間でもこたつの中に潜っていました。

でも、今年に入って、とうとうこたつを手放しました

理由は、2つ。

こたつを置くと、部屋が狭くなるから。

こたつの中に一度入ってしまうと、動けなくなるから。

こたつを実際に手放すまで、2年くらいかかりました。毎年、こんな自問自答をしていました。

「捨てよう!」

「いや、こたつは冬に必須の家具よ!こたつがなかった生きていけない!」

「でも、邪魔やな~。なかったら広くなるのに。」

「(中に入って)こたつ、最高!あったか~い♪」

今回、捨てる大きなきっかけになったのは、小学校へ入学した子どものために、学習机を購入したことでした。

家の中は、家具を増やすと狭くなってしまいます。

ですから、私は、新しい家具を購入すれば、必ず古い家具を手放すようにしています。

手放す家具の大きさは、新しい家具と少なくとも同程度の大きさの家具にしています。できれば、新しい家具よりも大きなサイズの家具を手放すようにすれば、新しい家具が入ることで、以前よりも、すっきりした部屋を手に入れることができます。

持ち物を最小限にして、余計なモノを一切買わずにシンプルに暮らすという生き方も良いですが、子どもの成長に合わせた楽しいモノ・美しいモノなど色々なモノを楽しみながら、家の中をすっきりとさせて暮らしていきたいな~と思っています。

こたつを手放して、こんな生活になっています。

・部屋が、広くなり、見た目がすっきりした。
(これは、思っていた以上に広くなってびっくり。)

・掃除がしやすくなった。

・活動的になった。
(こたつに入る時間がないので、その分よく動くように。)

・子どもが遊びやすくなった。
(こたつがある時と、遊び方が変わった)

・厚着になった。
(こたつに入れないので、かなりたくさん着ています(笑))

こたつがなくても、毎日ちゃんと生活できています。

学生時代から、こたつがないと死ぬ!とまで思っていて、今年初めてこたつを手放しましたが、ないならないで何とかなるし、こたつがなければ、良いことも色々あることがわかりました♪

またいつか、こどもが独立して部屋が1つあいたら、こたつを買うかもしれませんが、今は子どもの学習机があるので、この先10年は、こたつを買うことはないと思います。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!