小学校の教科書完全準拠の「教科書ワーク」と「教科書ぴったりテスト」の違い(国語)

小学校へ子どもが入学したばかりの頃、教科書に準拠した市販の問題集を探しました。
そして、見つけたのがこの2冊。

じっくり比較するため、両方とも買いました。
価格は両方とも、1180円(税別)です。
国語の教科書完全準拠の「教科書ワーク」と「教科書ぴったりテスト」の違い1

小学教科書ワーク 東京書籍版 新しい国語 1年

文 理 2015-03-14
売り上げランキング : 156647

by ヨメレバ

教科書ぴったりテスト東書国語1年

新興出版社啓林館 2015-02-20
売り上げランキング : 474489

by ヨメレバ

どちらの問題集を買おうか悩んでいる人もいると思いましたので、10か月ほど子どもに取り組んでもらった上で、2つの問題集の比較をしてみました。

問題集の構成

構成は、1単元につき基本的に3部構成になっていて、どちらの問題集も大差はないと思います。

教科書ぴったりテスト

1つの単元につき、①「まとめよう」→②「やってみよう」→③「はなまるテスト」という3部構成です。

①「まとめよう」:基本的な問題。新しい漢字・カタカナの練習・言葉の意味の確認など。

②「やってみよう」:教科書の文章を読みながら、内容を理解しているか確認する問題。たいていは、教科書中の言葉を抜き出す問題。

③「はなまるテスト」:100点のテスト形式で、各問題に配点が決まっている。問題によっては、「よく出る」や「できたらすご~い!」などのマークがある。

教科書ワーク

「①きほんのワーク」→「②れんしゅうのワーク」→「③まとめのテスト」という3部構成です

①「きほんのワーク」:新しく習う漢字、言葉の意味、あらすじなど教科書の要点を学習する。

②「れんしゅうのワーク」:教科書の文章を読みながら、ポイントとなる問題をといて理解を深める。

③「まとめのテスト」:テスト形式で問題を解く。

問題の難易度

少しだけ教科書ぴったりテストのほうが難しいような気がします。後半になると、記述問題が多くなるからです。

例えば、今小学校で習っている単元「歯がぬけたらどうするの」のテスト形式のページはこんな感じです。

教科書ワーク

教科書ワーク こくご小1(まとめのテスト)

教科書からキーワードを抜き出したり、選択問題になっています。

②メキシコ
ねる(    )に、はこに 入れて(        )の テーブルに おく。

教科書ぴったりテスト

教科書ぴったりテスト こくご小1(はなまるテスト)

「どうしますか」と、子ども自身に記述させる問題になっていて、教科書ワークよりも難易度が高いと思います。

(2) メキシコでは、歯がぬけたら どうしますか。(                                 )

ページ数

合わせているかのように、どちらも同じ104ページ。

付録

付録の詳細は以下にまとめました。

大きな違いは、教科書ぴったりテストに「スマホ添削」と「動画アプリ」がついていることです。我が家は、スマホを子どもの学習に使用するつもりはないので、この違いはあまり意味はないですけど。

教科書ワーク

教科書に完全対応した
①漢字とひらがな・カタカナのノート(取り外せるB5ノートサイズの冊子)
②漢字ポスター(A3サイズ。表がひらがなで、裏が漢字のポスター。)
③実力判定テスト(※取り外せません)
④ホームページテスト(出版社「文理」のサイトから、全教科書共通の国語のテストが無料でダウンロードできます。)
⑤わくわくシール(1ページごとに好きなシールが貼れます。)

教科書ぴったりテスト

①漢字とことばのれべるアップノート(取り外せるB5サイズの冊子)
②漢字ポスター(B4が2枚。)
③切り離せるテスト(夏休み用・冬休み用・学年末用・学力診断用の4枚)
④スマホ添削と動画アプリ(画面の小さいスマホで学習することに抵抗があるので、使用していません。スマホ添削は、解答したページをスマホで撮影・送信して、スマてん先生が添削して1週間で解答を返却してくれます。1か月500円で3回提出可能。)
⑤どきどきシール

その他

記入欄の大きさ

教科書ぴったりテストのほうが漢字練習やひらがなを各記入欄(リーダー入り)が大きく、書きやすいように思いました。正方形の一辺が、2~2.1cmあります。

一方、教科書ワークは、正方形のマスの1辺が1.9~2cmで、1年生には小さく感じられるかもしれません。

ものしりメモ

教科書ワークには、各ページの一番下に、「ものしりメモ」や、「ことばのいみプラス」がついていて、役に立つと思います。

◆「ものしりメモ」の例:
にほんでは、にじのいろは あか、だいだい(おれんじ)、き、みどり、あお、あい(こい あおいろ)、むらさきの 7つだと いわれて いるよ。

◆ことばのいみプラスの例:

・いつのまにか・・・きが つかないで いる うちに
・みとれる・・・うっとりと して みる

我が家では

2冊買ったので、どちらも使っています。

小学校で学習してきた単元を、その日の帰宅後に取り組んでもらっています。見開き2ページで5~10分でできるので、子どもに負担はなさそうです。

教科書ワークで間違うことはまずないのですが、ぴったりテストでは時々間違う問題があります。間違う問題のほうが、子どもには勉強になると思いますので、小2からは、教科書ぴったりテストに絞ろうかなと思っています。

error: Content is protected !!