正社員を退職して約10か月経過。

正社員を退職して約10か月経過。
正社員を退職してから約10か月になります。

大学院を卒業してから、退職するまで正社員として働いていました。
転職経験もあります。

退職する前は、もったいないと職場の人や保育園ママたちに言われて、自分でもそう思っていました。

そのため、家計的に大きな問題がなくなった後も、なかなか退職する踏ん切りがつきませんでした。

でも、今は、
正社員を退職して子育てに専念できる状態なのに、退職しないことのほうがもったいない。
と、退職しようか悩んで無駄な時間を過ごしていたあの頃のことを思います。

子育て中のフルタイム正社員が責任のある仕事をするのは、ただ大変なだけですから。

そういえば、退職して10か月も経てば、もう前の仕事のことを思い出すこともなくなりますね。(退職して1か月目でももちろん思い出しませんが。)

それに、もう元の職場の人たちの大部分の名前を忘れつつあります。
仕事はいやなことも面白いこともたくさんありましたが、退職した後も引き続き会いたい人というのは少ないです。男性ばかりの職場だった、というのもあるかもしれません。

もし、私たちが子どもがいない夫婦なら、私も夫と同じように企業などで、できるだけながく働き続けていたと思います。

でも、子どもを産んだ今は、企業のために働くよりも、家族のために直接的な貢献がしたいと思いますし、今はそれができているので、本当に良かったです。

自分で人生をコントロールできている、そういう気がします。
今は、お金のために本当にやりたいことを犠牲にしなくてすんでいる、ということです。

今後はお金を稼ぐ目的で働きたいとは思いません。
やりがいがあるように見える仕事も要りません。(家庭の仕事・子育てが、やりがいありすぎて、手に負えないほどなので・・・)

やりがいのある仕事をしている人が会社を辞めたら、仕事が恋しくなって、すぐに再就職するかもよ?なんてことを同僚に言われたこともありましたが、それは全くないですね・・・。

専門職で働いていた頃、自分で仕事に誇りを持っているつもりでした。

でも、今振り返ってみれば、お金を稼ぐために働かなければならない自分の気持ちを奮い立たせるための、偽りの気持ちだったのかもしれません。

まあ、偽りの気持ちだったとしても、子どもが保育園を卒園する数年前に住宅ローンを完済して、子どもを大学院まで仕送りできる程度まで貯金できたので、良かったとは思います。

でも、若い時にもっと無駄遣いをしていなければ、もっと早く退職して子育てに専念できていたかもしれないな~と思うと悔やみます。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!