算数ができる子とできない子の差とは?

最近購入した面白い算数教材があります。
びっくりサイコロ学習法(サイコロ5種類)

これは、12面体サイコロ3個と20面体サイコロ2個(サイコロン)です。

by カエレバ

楽しく数字遊びをしたいな~と思って、探した教材です。
サイコロをふって、計算(暗算)して遊びます。

紙と鉛筆がなくても、計算できるので、机に座らなくてもOKです。
寝転がっていても計算できるし、お風呂でも計算できます。

親子でバトルをすると、楽しいですよ♪

この教材の中身は、これです。
びっくりサイコロ学習法(中身)

サイコロンの使い方の説明書として、薄い冊子がついていたのですが、これにこう書かれてありました。

算数ができる子とそうでない子の差は何か。

それは、暗算ができるかできないかの違いだ。

暗算ができるというのは、頭の中で数値をイメージで動かすことができるということ。

現在の小学校教育現場では、紙の上できちんと計算できること(特にひっ算)を強制されて、暗算して式を書かなければ、「式を書きなさい」と叱られることがあるそうです。

この結果、多くの人が、繰り上がり・繰り下がりの暗算が充分できずに成長するとのことです。

二けた同士の繰り上がり・繰り下がりの暗算は、小学校のうちに自然にマスターするものだと思っていたのですが、そういうものではないのですね・・・。

私は、国立理系院卒なのですが、小学校時代は、暗算に苦手意識は確かにありませんでした。算数も好きでした。数学になってからも得意なほうでした。でも、どうやって小学生のときに、暗算を身に着けたのか覚えていません。そろばんをやっていたわけでもありませんし。

子どもには、算数を好きになってほしいのですが、暗算ができるように、とはこれまで思っていませんでした。

でも、著者の長年の教育経験から、繰り上がり・繰り下がりの暗算ができないことが、子どもの小学校以降の算数力を決定してしまう、とのことなので、このサイコロンで遊びながら、暗算力を少しずつあげてあげたいと思います。

サイコロンを使えば、たし算・ひき算・かけ算の無数の組み合わせが可能なので、ほんの数分でも数十問の暗算遊びができます。

例えば、20面体のサイコロ2個なら、(1~20)+(1~20)、(1~20)-(1~20)ができます。

サイコロ3個を使えば、2+4+5、15+12+8などの計算も可能です。

かけ算も無数に組み合わせができます。2×4×8、4×5×7・・。

サイコロンは5個セットなので、サイコロを増やして、計算の難易度をあげていくことができます。

小学校時代はず~っと遊べるのでは、と思っています。
今は、私や夫と一緒に遊んでいます。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!