小1の2学期~3学期で子どもがハマって読書するようになった本のリスト。

小学1年生の2学期に入ってから、絵本から児童書への移行を試みました。
1学期でひらがなを習い終えましたので。

特に男の子が好きそうな本を選んで、図書館で借りたり、子どもが気に入った本はシリーズで買ったりしています。

先ほど、読み終わった本の数をざっと数えたところ、2学期~3学期現在までで、120冊ほどの児童書を読んでいました。
(うちの子どもは、気に入ったら同じ本を何度も読むので、読んだ本の延べ冊数は200冊以上になるかもしれません)

けっこうな数を読んでいてびっくりしました。

うちの子どもは没頭タイプなので、読み始めると一気に何冊も読みます。そのために、冊数が増えているのだと思います。1日何冊とか決めているわけではなく、全く読まない日もあれば、気が向けば10冊くらいどかっと読む、というような読み方をしています・・・。

それでも、1週間単位で見れば、10冊程度は読んでいると思います。
(一度読んだ本も繰り返し読んでいます。)

うちの子どもが読んだ中で、小学校低学年(男子向けかも)の読書習慣化におすすめの本をご紹介します。

「かいけつゾロリ」シリーズ

最初は、低学年男子向けの「かいけつゾロリシリーズ」を試すことにしました。
その中でも最初に読んでもらったのは、この本。

かいけつゾロリのドラゴンたいじ (1) 

原 ゆたか ポプラ社 1987-11
売り上げランキング : 4757

by ヨメレバ

「おもろい!!」と言った後は、一生懸命、大きな声で音読していました。

結果、ゾロリシリーズは、うちの子どもにハマりました。

2冊目からは、黙読になり、1冊10~20分ほどで読み切るようになりました。

このゾロリシリーズの本が引き金になり、小学1年生の2学期からは、絵本ではなく、文字が多めの児童書(絵が多いです)をよく読むようになってきました。

しばらくは、ゾロリシリーズを59冊目まで読みました。
最新刊は、60巻目のこちら。
今、これを書いていて最新刊の存在を知りましたので、Amazonで注文しておきました。

かいけつゾロリの王子さまになるほうほう(60)

原 ゆたか ポプラ社 2016-12-01
売り上げランキング : 10809

by ヨメレバ

「おばけずかん」シリーズ

やまのおばけずかん (どうわがいっぱい)

斉藤 洋,宮本 えつよし 講談社 2013-06-26
売り上げランキング : 297143

by ヨメレバ

このおばけずかんは、保育園の年長さん頃に、本屋で見つけて気に入って、購入した本です。

表紙の裏を見た子どもが、シリーズがあることを知り、少しずつ買いそろえていっています。
当時はまだ5冊目までしか出版されていませんでした。

保育園時代は、読み聞かせを良くていていましたが、今は自分で黙読しています。

おばけなので怖い話かとおもいきや、その退治方法や追い払う方法がユニークで笑えます。話しの最後は必ず怖くないようになっていますので、子どもが好むのかもしれません。

18巻まで出版されています(2017年2月現在)。最新刊は2016年出版です。シリーズはまだ続いていると思います。

「キャベたまたんてい」シリーズ

キャベたまたんてい なぞのゆうかいじけん 

三田村 信行 金の星社 1998-12
売り上げランキング : 191899

by ヨメレバ

この「キャベたま たんてい」シリーズも、子どものお気に入りで、没頭して読んでいます。
野菜たちが主人公の探偵ものです。

全シリーズで16巻あって、最新刊は2016年出版です。

上述しました「おばけずかん」シリーズの絵を描いた宮本氏が絵を担当しています。

「1ねん1くみ」シリーズ

1ねん1くみ1とうしょう (こどもおはなしランド)

後藤 竜二 ポプラ社 1987-01
売り上げランキング : 609714

by ヨメレバ

「1ねん1くみ」シリーズは、これを最初に読んでからハマりました。
うちの子どもは、走るのが大好きなので、シリーズの中でも最初にこれを読んでもらいました。

このシリーズは、24冊あると思います(正確ではないかもしれません)。
シリーズ最新作は、2009年です。

「キツネのかぎや」シリーズ

ライオンの金庫 (キツネのかぎや 2)

三田村 信行 あかね書房 2002-06
売り上げランキング : 238000

by ヨメレバ

この本も、うちの子どもが大好きです。「かぎや」は、「鍵屋」のことです。

金庫や色々なところにある扉など(大抵はドキドキする場所にある)を開けることを依頼されて、キツネのかぎやが鍵を開けようと奮闘する話です。

ドキドキ感が子どもが好きな理由だと思います。タイトルに悪魔・透明人間・河童・海賊・地獄など、男子が好きそうな言葉がずらりと並んでいます。

10巻で完結しています。最新刊は2006年のようです。

「かいぞくポケット」シリーズ

なぞのたから島 (かいぞくポケット 1)

寺村 輝夫 あかね書房 1989-06
売り上げランキング : 46515

by ヨメレバ

20巻で完結しています。最新刊は、1998年出版です。

まだ、3~4さつ目ですが、うちの子どもが図書館で見て、自分から「これ、借りる!」と言った本です。

下記の「吉四六さん」と同じ作者「寺村輝夫」氏の作品です。

吉四六(きっちょむ)さん

吉四六さん (寺村輝夫のとんち話)

寺村 輝夫 あかね書房 1976-10-25
売り上げランキング : 38884

by ヨメレバ

上記「かいぞくポケット」シリーズと同じ寺村輝夫氏の作品です。

単独ですが、このとんち話の本が大好きです。
子ども自身も読みますし、読み聞かせも良くせがまれます。
そして毎回、同じオチで子どもが笑います。

最初は、図書館で借りたのですが、あまりに気に入っているので、先日購入しました・・・。
小1の2学期~3学期で子どもがハマって読書するようになった本(吉四六さん中身)。

今後は、この寺村輝夫氏の作品を試してみようかなと思っています。

寺村氏の文章には、あたたかみがあるし、リズムもあって読んでいて楽しいです。
言葉遣いも正しくて綺麗です。ですから、読書を始めたばかりの低学年にぴったりだと思います。

シリーズ化していない単独でよく読む本なら、他にも色々あるのですが、書ききれませんでした。


また、時間を見つけてこのブログでご紹介します。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!