小学校低学年から使える国語辞典と漢字辞典。

子どもが小学校へ入学してすぐに、国語辞典を買いました。

4月は、書店に国語辞典がずらりと並ぶ季節です。
実際に手に取って、見比べた結果、これを買いました。

例解学習国語辞典(第10版)通常版B6判

深谷 圭助 小学館 2014-11-19
売り上げランキング : 9648

by ヨメレバ

小学館の国語辞典には、ワイド版とB6版があります。
我が家は、子どもが気軽に本棚から取り出せることを優先して、B6版を選択しました。

B6版は、大学ノート(B5)と比較するとこんな大きさです。

 小学館国語辞典の大きさ(B6版)

国語辞典の中身は、こんな感じです。
小学館国語辞典の中身(B6版)

拡大すると、こんな感じです。
小学館国語辞典の中身拡大(B6版)

国語辞典の選び方を紹介します。

低学年の子どもが選ぶには早いと思いましたので、私が選んだ方法です。

1.フォント

色々なフォントがありますが、小学校低学年から使用する場合の見出しのフォントは、明朝体(教科書体)が良いと思いました。

まだ、ひらがなを習い始めたばかりの小学生にとって、ブロック体は見づらいかなと思いました。

2.文字間と行間の大きさ

国語辞典を見比べてみるとわかりますが、文字間隔や行間がそれぞれ異なります。

好みもあると思いますが、小学館の国語辞典が最も読みやすいと感じました。

3.色使い

フルカラーの国語辞典も最近出版されています。

しかし、国語辞典は、紙面いっぱいに文字情報が詰め込まれていて、ただでさえ文字が小さいので、フルカラーでなく、落ち着いた色合いのほうが読みやすいと思いました。

小学館の国語辞典は、黒色と赤色の二色使いで、私の好みです。

特に重要な語句が赤字になっていて、見やすいです。二色なら、一度自分で調べた語句に、自分が好きな色で丸をつけたりマーカーで色をつけたりする場合もわかりやすいです。二回目に辞書を引いたときに、記憶に残りやすくなると思います。一方、フルカラーの場合は、そういうことが難しいかなと思いました。

4.サイズ

文字の大きさを優先するなら、ワイドサイズかもしれません。国語辞典は分厚いので、ワイドサイズになるとかなり重いし、ワイドサイズは大きいと思います。

子どもが気軽に手に取れるサイズ、持ち運べる程度に軽く、小さな手でもページを開けやすいB6版を選びました。


子どもが、小学1年生の5月ごろに漢字に興味を持ち始めたので、漢字辞典も買いました。

同じ出版社でそろえるつもりはなかったのですが、複数の漢字辞典を見比べた結果、国語辞典と同じ出版社のものを買うことになりました。

例解学習漢字辞典(第8版)通常版B6判

深谷 圭助 小学館 2014-11-19
売り上げランキング : 35444

by ヨメレバ

小学館の漢字辞典の中身はこんな感じです。

小学館漢字辞典の中身(B6版)

さらに、中身を拡大します。
小学館漢字辞典の中身拡大(B6版)

漢字辞典の選び方は、国語辞典と同じです。黒色と赤色の二色で、とても見やすいです。

漢字の部首・画数・音読み・訓読み・習う学年がまずど~んと背景が赤い部分に見やすく書かれています。

筆順も見やすいですし、止め・はね・はらいの注意箇所も赤字で書かれています。

漢字の成り立ちが、絵と文章でわかりやすく説明されています。

さらに、漢字そのものの意味もしっかり説明されています。例文・類語・反対語もあります。

そのあとに、その漢字を使った熟語とその意味がずらりと並んでいます。熟語には、四字熟語・ことわざ・故事成語も含まれています。


最近は、小学校中学年~高学年で使うのにちょうどよい国語辞典も買いました。

旺文社国語辞典 第十一版 小型版

山口 明穂 旺文社 2013-11-13
売り上げランキング : 34519

by ヨメレバ

子どもに「○○って何~?」とよく聞かれ、そのたびに一緒に国語辞典で調べるのですが、7700語程度の辞書には、のっていない言葉もけっこう普通に聞かれます・・・。

そこで、83500語が収録された小学校高学年以降~大人も使える国語辞典も買いました。旺文社の国語辞典は、王道ですね。

他の出版社の辞書も徐々に揃えていこうと思っています。

また、小学2年生の間に広辞苑も買いたいなと思っています。

広辞苑 第六版 (普通版)

新村 出 岩波書店 2008-01-11
売り上げランキング : 7720

by ヨメレバ

小学生~高校生くらいは、色々な種類の辞書があったほうが勉強しやすいですから。

私が育った家にも、小さな頃から広辞苑や現代用語の基礎知識が、リビングの本棚にあったことを思い出します。

現代用語の基礎知識2017

自由国民社 2016-11-16
売り上げランキング :

by ヨメレバ

保育園時代から、図鑑のインデックス(索引)の引き方を教えてきたおかげで、国語辞典を小1の春から普通に使えています。小学校では小学3年生~小学4年生くらいで、習うそうですが、小学校低学年からでも十分に使えると思いました。

ただ、辞書を引いて該当箇所の説明を読んだときに、子どもに意味がわかるものとわからないものがあります。

そのため、辞書を子どもにまずは引いてもらって、読んでもらいます。そして、子どもが意味がわからないようなら、私が逐一解説しています。

毎日のように、何かを調べているような気がします。

購入した4月頃は、自分の大好きな動物を片っ端から、国語辞典で調べていました(笑)。
小学館の国語辞典と漢字辞典の見出し部分

error: Content is protected !!