子どもと早朝ジョギングを始めました。

温かくなってきたので、最近小学1年生の子どもと早朝ジョギングを始めました。
子どもと早朝ジョギングを始めました

子どもの走り方は、ジョギングというよりも全力疾走ですが(笑)。

今日で始めてまだ3日目です。

初日は、自宅の周囲1ブロックを1周することから始めました。

夫 「短いかなと思ったけど、1周くらいが☆君にはちょうど良いかもね。」

昨日は、走る前に軽く体操をしてから、1ブロックを走りました。(子どもは、全力疾走)

子ども 「平日は、2周走って、お休みの日は、○○まで行こう?」

私 「いいよ。」

帰宅後の夫に話すと、「え?2周もするの?まあいいけど。」

ということで、3日目は2周しました。

そろそろランニング用の子ども用ジャージを買おうと思っています。
色々探しているのですが、最近は安くて良さそうな子ども用スポーツ用品が充実していますね。

by カエレバ

ところで、我が家では、登校前に軽く学習タイムを設けています。

起床後すぐに学習を始めていた時よりも、学習する前に運動をしてる今の方が、すごくいきいきしているように見えます。

運動によって、記憶力や思考力が高まると言われていますので、運動を先にしてから学習すると学習効果が高いかもしれません。

運動により脳機能を高めるという目的がある場合、心拍数を高め、その状態を維持することが望ましいということを何かで読んだことがあります。

その理由は、心拍数が高いほど、全身に血液を循環させることができるので、脳へ流れる血流量も増加するからです。

同じ距離を同じタイムで走っても、心拍数が高い人とそうでもない人がいます。階段を上るときにすぐに疲れてしまう子もいれば、まったくへっちゃらな子もいます。これは、日常的に、心拍数が高くなるような有酸素運動をしているかどうかによります。

少ない心拍数でも、多量の血液を循環させることができるということは、心肺機能と筋力が高いため、座って勉強している時(心拍数は低い)でも、多量の血液が脳を含む全身に流れているということになります。

このことが、運動が好きな子には、成績が良い子が多い理由なのではないか、と思っています。

ですから、学習前の運動は、ラジオ体操程度の運動ではなく、息切れするくらい走ったほうが良いと考えています。休日には、勉強する前に30m~50m×10本~20本くらいは子どもと走りたい(全力疾走)な、と思っています。

スポーツ系習い事がある日は、習い事のあとに学習タイムを設けています。

スポーツをする前よりも、スポーツをした後のほうがアドレナリンも出ているためか、ノリノリな感じがします。

こちらの記事もどうぞ
error: Content is protected !!